FireTVStick4KとFireTVStick4KMaxの違いは?性能向上やWi-Fi6に対応!

おすすめ・注目

『Fire TV Stick 4K』と『Fire TV Stick 4K Max』の違い!

 

新しい『Fire TV』シリーズとなる『Fire TV Stick 4K Max』が発売されました。

 

今日は先代モデルとなる『Fire TV Stick 4K』と新モデルの『Fire TV Stick 4K Max』の違いや性能について書いていきたいと思います。

 

『Fire TV Stick 4K Max』が発売!

 

Amazon(アマゾンジャパン)が、10月7日に『Fire TV』シリーズの新モデルとなる『Fire TV Stick 4K Max』を発売します。

 

『Fire TV Stick 4K Max』は販売価格は6980円なので、同じ価格で販売されていた『Fire TV Stick 4K』の後継モデルと言われていますね。

『Fire TV Stick 4K Max』と『Fire TV Stick 4K』の違いは?

ここからは先代モデルとなる『Fire TV Stick 4K』と新モデルの『Fire TV Stick 4K Max』の違いについて書いていきたいと思います。

 

性能・スペックがアップしている!

『Fire TV Stick 4K Max』は単純に『Fire TV Stick 4K』と比べて性能・スペックがアップしています。

  • 『Fire TV Stick』(3代目)・・・4コア(1.3GHz)
  • 『Fire TV Stick 4K』・・・4コア(1.7GHz)
  • 『Fire TV Stick 4K Max』・・・4コア(1.8GHz)

さらにメインメモリの性能もアップしています。

  • 『Fire TV Stick』(3代目)・・・1GB
  • 『Fire TV Stick 4K』・・・1.5GB
  • 『Fire TV Stick 4K Max』・・・2GB

 

下位モデルの『Fire TV Stick』とはしっかりとした性能差を感じますね。

『Fire TV Stick 4K』と比べると、パッと見た感じあまり変わっていない気もしてしまいますが、『Fire TV Stick 4K Max』は『Fire TV Stick 4K』と比べて、最大40%のパフォーマンス改善を図っているとされています。

 

これによって、『Fire TV Stick 4K Max』はより動作がサクサクすることは間違いないと思います。

『Wi-Fi6』に対応!

『Fire TV Stick 4K Max』は、『Fire TV』シリーズを通して初めて無線通信においてWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応しました。

 

『Wi-Fi6(11ax)』は2019年に登場した無線通信規格で最大速度9.6Gbps・周波数2.4GHz帯/5GHz帯に対応しています。

 

『Wi-Fi6(11ax)』はその前に規格である『Wi-Fi5』よりも約1.4倍と更に高速通信を実現しています。

 

難しい説明は省略しますが、『Wi-Fi6(11ax)』という最新の規格に対応したので、『Fire TV Stick 4K Max』のネット通信はこれまで以上に早く安定するということになりますね。

 

ただこれは使っているルーターなどが『Wi-Fi6(11ax)』に対応している必要がありますので、その点には注意が必要です。

 

リモコンが進化!

『Fire TV Stick 4K Max』のリモコンは、『Fire TV Stick 4K』のリモコンから少し変更されています。

 

『Fire TV Stick 4K Max』のリモコンには『番組表ボタン』と『アプリボタン』が追加されました。

他にもボタンのデザインや位置が少し変更されてはいますが、使用感としてはほとんど変わりはないと思います。

進化というと大袈裟かもしれませんが、少しだけ改良されて使いやすくなっていますね。

 

ちなみに『Fire TV Stick 4K Max』のリモコンは、2021年3月に単品販売が始まったリモコンと同じモノで、『Fire TV Stick』の第3世代に付属しているリモコンとも同じモノです。

『Fire TV Stick 4K』と『Fire TV Stick 4K Max』の違いのまとめ!

 

新しい『Fire TV』シリーズとなる『Fire TV Stick 4K Max』が発売されるということで、先代モデルとなる『Fire TV Stick 4K』と新モデルの『Fire TV Stick 4K Max』の違いや性能について書いてみました。

 

もう1度簡単にまとめると以下の様な違いがあります。

  • 『Fire TV Stick 4K』と比べて、最大40%のパフォーマンスアップ。
  • Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応。
  • リモコンが進化。

 

大きくできることが変わったわけではないですが、性能や通信性能、使い勝手が少しずつアップしているので、よりストレスなくコンテンツを楽しむことができるデバイスに仕上がっていると思います。

 

正直言ってしまうと、先代モデルの『Fire TV Stick 4K』からすぐに買い替える必要はないと思います。

ただ下位モデルの『Fire TV Stick』の第2世代あたりを使っているという方なんかは買い替えると動作がかなりサクサクして快適さが格段に上がるかもしれませんね。

 

『Fire TV』シリーズはAmazonセールで安く購入できることが多くあるので、良かったらこちらのページもチェックしてみてください。

 

皆さんも新しい『Fire TV』シリーズとなる『Fire TV Stick 4K Max』に注目してみてくださいね。

 

この記事は2021年9月20日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました