おすすめロールアイスメーカーは?自宅での作り方や材料も紹介!

おすすめ・注目
Amazon『ハック(Hac) 丸めて 混ぜて アイスプレート 』より引用。

おすすめのロールアイスメーカー!

 

原宿などで販売されてインスタ映えするとして大人気になっているアイスが『ロールアイス』ですね。

 

この『ロールアイス』が自宅でも簡単に作れるという『ロールアイスメーカー』を紹介していきたいと思います。

 

『ロールアイス』とは?

 

『ロールアイス』はタイの屋台発祥のスイーツと言われていて、マレーシア、シンガポール、台湾などにも広まって人気に火が付きました。

最近ではニューヨークやロサンゼルス、ロンドンなど世界中のお洒落な都市やスポットで大ヒットしています。

日本でも原宿でお店が出るとすぐに人気が爆発して、最近では名古屋や大阪を始めとした日本全国の都市でロールアイスのお店が出展して人気を集めています。

特に『ロールアイス』にホイップやフルーツがトッピングされていると非常に『インスタ映え』すると若い女性の間では大人気ですね。

 

『ロールアイス』の作り方は以下のようになります。

  • -10℃以下に冷やされたプレートの上に液体状のクリームを伸ばします。
  • プレート上で具材と混ぜます。
  • 具材と混ざったアイスクリームを薄く伸ばして、ヘラでくるくると巻きながらロール状にします。
  • ロール状のアイスをカップに入れて、ホイップやフルーツでデコレーションして出来上がりです。

 

完成した商品がかなり華やかなのでお店じゃないとうまく作れないと思いがちですが、器具と道具、材料さえあれば意外と簡単に作れます。

 

おすすめの『ロールアイスメーカー』!

 

ここからは『ロールアイス』を作るのにおすすめな『ロールアイスメーカー』を紹介していきたいと思います。

 

基本的に『ロールアイス』を作るのに必要な道具や器具は、液体クリームを瞬時に冷やすことのできる冷たい板(コールドプレート)とロール状に丸めるときに必要となるヘラです。

この2つの道具があれば自宅でも『ロールアイス』が比較的簡単に楽しむことができます。

 

そこでおすすめの『ロールアイスメーカー』を3つ紹介していきたいと思います。

 

ドウシシャ『アイスクリームメーカー ハピロールタブレット』!

 

最初に紹介するのは、ドウシシャという会社が発売している『アイスクリームメーカーハピロールタブレット』という商品ですね。

 

ドウシシャは大ヒットしているかき氷マシンを発売しているメーカーなので、メーカーとして品質などは信用できると思います。

 

商品としては非常にシンプルでいかにも金属といったプレートを冷凍庫で10時間近く冷やすことで使用できます。ヘラも2本付いているので冷やせばすぐに使えるのも良いですね。

 

デメリットとしては見た目が安っぽくてあまり格好良くない点ですね。

また長時間冷凍庫で冷やさなくてはいけないことやサイズがそこそこあるので冷凍庫の場所を取ってしまうこと、冷えているのが短時間なのであまり長い時間使用できないというのがデメリットではありますが、これは電気式ではない『ロールアイスメーカー』はどれも同じことです。

ちなみに電気式のコールドプレートはかなり高価なのであまりおすすめできません。

 

ただシンプルな分使いやすいですし、そもそもお値段が約2500円とめちゃくちゃ安いのでコスパは最高だと思います。

家族で楽しみながら『ロールアイス』を作ってみたい方やお子さんが興味を持っているといった方には非常に買いやすいですし、おすすめしたいですね。

 

Marmolare『大理石アイスプレート』!

 

続いてはMarmolareというメーカーから発売されている『大理石アイスプレート』です。

 

Marmolareというメーカーは大理石を使った商品を展開しています。この大理石で出来たプレートを冷凍庫でしっかり冷やして使用するという商品になっています。

基本的な使い方は上で紹介した商品と同じですので、至ってシンプルです。

 

この大理石アイスプレート』のメリットはやはり高級感です。大理石で出来ていますので見た目も格好良いですし、高級感たっぷりです。これであれば友人を招いたホームパーティーやプレゼントにも最適かもしれませんね。

 

デメリットとしては大理石製ということでコールドプレートとして低温になっている時間が少なく、ロールアイスを作れる時間がかなり限られてしまうことですね。アイスと具材を混ぜ合わせたりする用途であれば全く問題ないですが、クリームを凍らせたり液体をシャーベット状にするほどの低温をキープするのはかなり難しいかもしれません。

 

そしてお値段も大理石製なのでお高いです。約14000円なのでちょっと欲しいという方にはおすすめできません。

ただ品質的にも長く使えると思いますし、愛用したい方には良い商品ですね。

 

ハック(Hac) 『丸めて 混ぜて アイスプレート』!

 

そして最後に紹介するのが、ハック(Hac) 『丸めて 混ぜて アイスプレート』です。

こちらはコールドプレートとヘラの他に可愛い型抜きが6種類も付属されています。型抜きはデコレーションする時などに使ったり出来ますので、お子さんと一緒に作るにはとても良い商品だと思います。

 

形が丸いは可愛いですが、ロールアイスを作るのにはちょっと作りにくいかもしれませんね。

お値段も約5000円もまずまずなので、家庭に1つあっても楽しいかもしれませんね。

 

美味しいロールアイスの作り方!

 

それでは上の商品を使って作れる美味しいロールアイスの作り方を紹介しておきたいと思います。

 

材料は以下のようになります。

・生クリーム 480ml
・練乳 400g
・塩 小さじ1

デコレーションしたい場合にはホイップクリームやフルーツ、チョコスプレーなどを用意してくださいね。

 

作り方は以下になります。

  • 生クリームと練乳、塩小さじ1を容器にに入れて全体がしっかりとかき混ぜます。あまり空気を入れないように静かにかつ素早くかき混ぜるのがポイントですね。
  • 上で紹介した冷やしたコールドプレートに混ぜたクリームを流し入れて薄く伸ばします。
  • クリームがアイス状に固まったら、フルーツやチョコスプレーなど混ぜたい具材を入れて、アイスと軽く混ぜます。
  • 再度コールドプレートの上に薄くアイスを伸ばして、ヘラでコールドプレートを擦るようにアイスを押し剥がしていくとロールアイスができます。
  • 最後にお好みで、ホイップやフルーツをデコレーションして出来上がりです。

 

注意点としては商品や冷凍庫の温度によってはクリームを流し入れてもうまくアイス状に固まらない可能性があります。その場合は流し入れてからもう1度冷凍庫にコールドプレートを入れて冷凍庫でしばらく冷やすとクリームがアイス状に固まります。

 

どうしてもうまくいかない場合は時間がかかりますが、冷凍庫で再度冷やしてみてくださいね。

 

またこの方法であればステンレス製のバットでもロールアイスを作ることは出来ますので、ステンレス製バットをお持ちの型は1度試してみてください。

 

『ロールアイスメーカー』はおすすめ!

 

全国的に人気になっている『ロールアイス』ですが、以外にも比較的簡単に自宅でも作ることができます。

 

味も美味しいのはもちろんですが、作る課程もなかなか楽しいので、小さなお子様がいるお家やホームパーティーをやるお家にはぴったりかもしれません。1台『ロールアイスメーカー』があると盛り上がること間違いないですね。

 

是非皆さんも人気の『ロールアイス』を作ってみてはいかがでしょうか!

 

この記事は2019年8月20日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました