特殊車両レッドサラマンダーの価格と製造メーカーは?トミカや画像も!

雑学・トリビア
(株)モリタホームページよ引用。

全地形対応特殊車両『レッドサラマンダー』!

 

皆さんは日本でたった1台しかない全地形対応特殊車両『レッドサラマンダー』をご存知でしょうか?

 

今日はこの全地形対応特殊車両『レッドサラマンダー』について調べてみたいと思います。

 

『レッドサラマンダー』とは?

 

では『レッドサラマンダー』とはどんな車両なのでしょうか?

 

『レッドサラマンダー』は全地形対応の消防車両となっています。

愛知県岡崎市の岡崎市消防本部に配備されていて、日本でたった1台のみしか存在しないめちゃくちゃ特殊でスペシャルな消防車両となっています。

 

大規模な災害等が発生した際に総務省消防庁の要請を受けて出動し、災害等の影響で普通の車両が進入困難な場所や地形での救助活動や消火活動、救援物資の運送等を目的に利用されます。

出動対象地域は全国各地ということで日本のほぼ中央に位置していて、高速道路のインターチェンジに近くにあり、東・西日本両方に出動しやすいという理由から愛知県岡崎市消防本部に2013年3月から配備されています。

 

2020年6月までに2回出動した記録が残っています。

初出動は2017年7月の九州北部豪雨。この時は大分県と福岡県で活動し、孤立地域への消防隊員の輸送などを行いました。

2度目の出動は2018年7月の豪雨(西日本豪雨)で岡山県へ派遣されました。

 

ちなみに名前の由来になっている『レッドサラマンダー』ですが、ヨーロッパで古くから言い伝えられている火の中でも生きることができる生物、または火を操る精霊等に付けられている名前とのことです。

ゲームや漫画等でも火の精霊や火を操るモンスターに『サラマンダー』という名前が付けられているケースは多くありますよね。

多くの場合、イメージは火をまとったトカゲだったりしますが、実際に『レッドサラマンダー』と呼ばれているトカゲも存在しますね。

 

『レッドサラマンダー』は、火を消火する消防車両なので火を制する、コントロールするという意味ではとても良い名前なんじゃないかなと思います。

 

『レッドサラマンダー』の特徴は?

最強の消防車「レッドサラマンダー」登場!

では次に特殊消防車両『レッドサラマンダー』の凄いところや特徴を紹介していきたいと思います。

 

まずなんと言っても凄いのはその大きさですね。

『レッドサラマンダー』は全長8.2m、全幅2.2m、高さ2.6m、重量約12t。

とてつもない大きさをしています。特殊車両とは言え、圧倒的なボディの大きさと存在感を示しています。

 

最大積載量は4400kg。

車両は前方と後方の2つの車両が連結される様な形をしていて、車両の前部に4人、後部に6人乗ることが可能となっています。

 

全地形対応だけあって、タイヤはキャタピラのようなゴム製クローラーとなっています。

最高時速50㎞。

最大登坂能力は50%(坂の傾斜角でおよそ26.6度)。

総排気量は7240cc。

稼働可能気温は-30℃。

 

分かりやすくこの『レッドサラマンダー』の走行可能なモノを表す以下のような条件でも走破可能となっています。

  • 最大60cmの段差。
  • 最大2mの溝。
  • 水深1.2m。

水に浮くこともできるので、水深が深い場所も進むことができます。その場合はキャタピラ部分が水掻きの様な働きをして進むことができます。

 

これを見る限り相当足場や条件が悪くても走行することができそうですので、災害時の悪路でも普通に走行することもできそうですね。

『レッドサラマンダー』の価格と製造メーカーは?

 

これだけの大きさや走破性能を持っている『レッドサラマンダー』ですが、やはり気になるのは価格ですね。

 

日本にたった1台しかない特殊車両なので、さぞお高いんじゃないかと思いますね。馬山個人的にもどれくらいのお値段するのか気になります。

 

『レッドサラマンダー』のお値段は約1億1000万円になります。

かなりお高いとは思いますが、消防車両の40mのはしご車が約1億5000万だったり、『レッドサラマンダー』のようなキャタピラがある戦車だと10億近くすることから考えると、思ったより『レッドサラマンダー』はお安いのかなと思ったりもしますね。

 

製造しているメーカーはシンガポールの軍需関連企業である『STキネティクス』がという会社になります。

『STキネティクス』は特殊車両や戦車、飛行機の製造もしている軍需関連企業ですね。軍事関連の会社というのはあまり日本だと馴染みがありませんね。

ただ海外だとけっこうこういった軍事関連の企業は珍しくないようです。

 

国内販売代理店は消防車両最大手の『モリタ(兵庫県三田市)』という企業になっています。

この『モリタ』という企業は、様々なタイプのはしご車やポンプ車等、消防車両を扱っている企業になります。

『レッドサラマンダー』のトミカもカッコいい!

 

日本に1台しかない全地形対応特殊車両ということで、『レッドサラマンダー』はめちゃくちゃ人気のある消防車両です。

 

特に大きくて圧倒的な存在感から子供からの人気も絶大です。

その人気から人気の玩具『トミカ』にもなっていますね。

小さな男の子のお子様は結構な確率で喜ぶと思うのでぜひチェックしてみてください。

Amazon | トミカ ロングタイプトミカ No.121 全地形対応車両 レッドサラマンダー エクストリームV | ミニカー・ダイキャストカー | おもちゃ
トミカ ロングタイプトミカ No.121 全地形対応車両 レッドサラマンダー エクストリームVがミニカー・ダイキャストカーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

『レッドサラマンダー』に注目!

 

過去にはまだ2度しか出動したことはありませんが、その高い走破性能から様々な災害の際に活躍してくれると思われる『レッドサラマンダー』。

 

もちろん『レッドサラマンダー』が活躍するような災害の被害が出ないのが一番ではありますが、自然災害等は避けられない部分もあるのでこれからの『レッドサラマンダー』の活躍には期待したいですね。

 

みなさんも特殊車両『レッドサラマンダー』に注目してみてくださいね!

 

この記事は2020年6月22日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました