2019年阪神JFの競馬予想!高速馬場で追い込みは不利?

予想

2019年阪神ジュベナイルフィリーズの競馬予想!

 

2019年12月8日に阪神競馬場で、G1・阪神ジュベナイルフィリーズ(芝1600m)が行われます。

今日はこのG1・阪神ジュベナイルフィリーズの馬山的競馬予想をしていきたいと思います。

 

馬山の2019年秋冬のG1の成績!

 

まずは2019年秋冬のG1の馬山の成績を見ていきたいと思います。

 

  • スプリンターズS・・・不的中。(28点購入)

モズスーパーフレア頭に固定して馬券を組むも残念な2着。だだ1~3番人気でのガチガチ決着なのでこのはずれはある意味割りきって考えています。

 

  • 秋華賞・・・不的中。(10点購入)

5頭ボックスで勝負するも2着のカレンブーケドールが抜けてはずれ。3着の10番人気シゲルピンクダイヤは買えていただけにちょっと残念。

 

  • 菊花賞・・・3連単23510円的中。(36点購入。)

春の実績馬のみを買って見事に的中。ヴェロックスが勝ちきれないという予感も的中しました。

 

  • 天皇賞(秋)・・・不的中。(3点購入)

サートゥルナーリアを切ったのは大正解でしたし、アーモンドアイ・ダノンプレミアム・アエロリットの3頭を買いながらも肝心の本命・ワグネリアンが沈んで撃沈。

 

  • エリザベス女王杯・・・不的中。(15点購入)

本命ラッキーライラックでばっちり的中と言いたいところですが、2着クロコスミアが抜けてしまいました。1・3・4・5着は買っていただけに悔しいです。

 

  • マイルCS・・・不的中。(5点購入)

本命インディチャンプ・対抗ダノンプレミアムと1・2着を当てながら、3着ペルシアンナイトを買わずにハズレ。先週に引き続き本命は的中させているだけに悔しい。

 

  • ジャパンカップ・・・不的中。(9点購入)

本命スワーヴリチャードで3週連続で本命が1着に来ました。ただ肝心の馬券は2着カレンブーケドールを切ってしまいハズレ。3週連続で単勝を買っておけば・・・。

 

チャンピオンズカップ・・・不的中。(4点購入)

1着クリソベリルを自信を持って消したのでこの外れは納得。ただ買った馬は2~4着に来ているのでやはり悔しい。

 

現在8戦1勝。購入は11000円。払い戻しは23510円。

 

色々考えながら予想していますので、良かったら過去の予想記事も読んでみてください。

 

2019年阪神ジュベナイルフィリーズの枠順は?

 

2019年阪神ジュベナイルフィリーズの枠順は以下のように決まりました。

【1枠】1番  ヤマカツマーメイド  武 豊
【1枠】2番  カワキタアジン    鮫島 克駿
【2枠】3番  ウーマンズハート  W.ビュイック
【2枠】4番  レシステンシア     北村 友一
【3枠】5番  ボンボヤージ      岩田 望来
【3枠】6番  クリスティ       福永 祐一
【4枠】7番  ロータスランド     藤岡 康太
【4枠】8番  オータムレッド     松山 弘平
【5枠】9番  マルターズディオサ   田辺 裕信
【5枠】10番 クラヴァシュドール   藤岡 佑介
【6枠】11番 ルーチェデラヴィタ   池添 謙一
【6枠】12番 ヒメサマ         川須 栄彦
【7枠】13番 ジェラペッシュ      幸 英明
【7枠】14番 スウィートメリナ     和田 竜二
【8枠】15番 リアアメリア       川田 将雅
【8枠】16番 エレナアヴァンティ  岩田 康誠

 

人気を集めそうなリアアメリア・ウーマンズハート・クラヴァシュドールの3頭が綺麗に内・中・外に分散されましたね。

その枠順の差がどのように影響するかをしっかり見極めないといけないですね。

 

能力的にはこの3頭が抜けていそうですが、ここに続きそうなレシステンシア・クリスティ・マルターズディオサも注目です。

2019年阪神ジュベナイルフィリーズの予想!

 

それではここからは阪神ジュベナイルフィリーズの馬山的予想をしていきたいと思います。

 

枠番別の成績!

 

今回は人気の3頭が内・中・外枠に分散したこともあり、枠番別での成績が気になります。

以下に過去10年の枠番別成績をまとめてみました。

  • 1枠(3-0-0-17)
  • 2枠(0-1-3-16)
  • 3枠(0-1-1-18)
  • 4枠(1-2-0-17)
  • 5枠(0-2-1-17)
  • 6枠(2-2-2-14)
  • 7枠(2-1-1-26)
  • 8枠(2-1-2-25)

これを見る限りは枠によって有利不利はあまりないように感じますね。

意外に外枠の成績が良くて、6~8枠で(6-4-5-65)となっています。

 

まだ若い2歳馬でしかも牝馬ということもあり、外枠は包まれずにしかも直線に入って外に持ち出して前が詰まる心配もないので有利に働くのかもしれませんね。

 

内枠も1枠から3頭勝ち馬が出ていることもあり、距離ロスなく走れることも有利に働くのも間違いなさそうです。

 

脚質別の成績!

 

続いては脚質別の成績になります。

  • 逃げ(0-0-0-10)
  • 先行(2-2-2-30)
  • 差し(7-5-7-61)
  • 追込(1-3-1-49)

逃げは壊滅していますね。

差し追い込みが非常に強いレースになっています。

直線も長くて広いので追い込みでも能力さえあれば届くコースと言えそうです。

 

前走のレース別の成績!

 

まずは前走のレース別の成績を見てみたいと思います。

  • 重賞(6-7-6-68)
  • アルテミスS(2-3-2-11)
  • ファンタジーS(2-2-2-35)
  • デイリー杯2歳S(1-0-0-4)
  • 札幌2歳S(1-0-0-2)
  • 京王杯2歳S(0-1-2-2)
  • 新潟2歳S(0-1-0-3)
  • OP特別(1-1-1-16)
  • 1勝クラス(2-2-2-47)
  • 未勝利(0-0-0-9)
  • 新馬(1-0-1-14)

やはりというか当然前走重賞組が中心ですね。

近年はアルテミスS組が良いイメージはありますね。特にアルテミスSで1~2着馬は近年5年で毎年どちらかが馬券になっていますので、今年のリアアメリアはかなり有力です。

 

続くファンタジーSですが、出走が多い割にはあまり馬券になっていない印象です。特に4着以下は過去10年で1度も馬券になっていないので買うのは1~3着馬が良さそうです。

 

他の前走重賞組も最低でも掲示板には入っていましたので、基本的には馬券になっているくらいの成績を残しているのが最低条件ですね。

 

オープン特別や1勝クラス、新馬から来た馬は全頭前走勝ち馬でした。このあたりで負けている馬だとG1のここでは通用しないということかもしれません。

さらに未勝利からのここへの参戦は全滅しています。

 

前走の着順別の成績!

 

次に前走の着順別の成績です。

まず前走重賞・OP特別の着順別の成績です。

  • 1着  (5-4-2-22)
  • 2着  (2-2-3-12)
  • 3着  (0-1-1-4)
  • 4着  (0-0-1-12)
  • 5着  (0-1-0-4)
  • 6~9着(0-0-0-16)
  • 10着以下(0-0-0-10)

とりあえず掲示板に入っていないと厳しそうですね。

 

前走1勝クラスにおいては1着の成績が (2-2-2-29)。2着以下で馬券圏内に来た馬はいませんでした。

 

さらに前走負けた馬でも0.6秒以上付けられて負けた馬は(0-0-0-33)と馬券圏内に来ていません。

接戦や混線でわずかに負けた馬なら良いですが、大きく離されて負けた馬はここでは厳しそうです。

 

馬山の2019年阪神ジュベナイルフィリーズの最終予想!

 

それでは馬山の最終予想をしていきたいと思います。

 

近年はある程度力の差がはっきりしていて、前走好走した馬がしっかり力を出している印象です。阪神1600mという舞台があまり紛れが起きにくいコースということもあるかもしれませんね。

 

前走の成績で取捨選択していくと残るのは以下の馬になります。

ヤマカツマーメイド・ウーマンズハート・レシステンシア・クリスティ・ロータスランド・マルターズディオサ・クラヴァシュドール・リアアメリアの8頭。

 

特にリアアメリア・ウーマンズハート・クラヴァシュドールは前走を見る限りかなり強い内容でしたし、3頭ともあがり3ハロンのタイムが33秒近くのかなり早い時計を出しています。この3頭の実力は抜けている様な気がします。

 

ここに続くのはレシステンシア。重賞のファンタジーSを勝っています。

ただこの馬は1400mしか距離経験がないのが気になります。

逆に推せるところは前で競馬出来る内枠の馬ということです。人気しそうな3頭が差し追い込み馬なので、展開によってはこの馬に有利に働きそうです。

 

そしてクリスティとマルターズディオサ。

この辺りも成績は崩れていませんし、2頭とも負けた馬はワーケア・マイネルグリット・ウーマンズハートと重賞級の馬なので前に言って展開が向けば3着くらいには残る可能性があります。

 

ヤマカツマーメイドやロータスランドはさすがに厳しそうですが、大穴を狙うならありかもしれませんね。

馬山の2019年阪神ジュベナイルフィリーズの買い目!

 

2019年阪神ジュベナイルフィリーズの馬山の買い目です。

 

本命はクラヴァシュドールにします。

この馬は人気になりそうなウーマンズハート・リアアメリアに比べて前目で競馬できそうな感じがあります。上がりの脚もかなり速いですし、他の2頭と比べて競馬が上手な印象です。

枠も真ん中で包まれる心配もないですし、直線外に出せない心配もなさそうです。力関係を互角とすると1番競馬しやすそうなイメージもありますし、ここは本命に推します。

 

対抗はウーマンズハート。

上がりの脚はNo.1かもしれませんが、ちょっと直線フラフラするところもあります。

内で道中包まれてしまうと直線抜けられなかったり、外に出すのに苦戦すると末脚を活かしきれないかもしれません。

差してきても2着までという可能性ありそうですね。

 

単穴はリアアメリア。

普通に走ればこの馬が1番強そうですが、折り合いやスタートが心配過ぎますね。

しっかり走れば大外回ってもしっかり差してきそうですが、もしかすると道中かかって着外なんてこともないとは言えないですね。

 

続いて紐にはクリスティとレシステンシア。

レシステンシアは逃げもあるくらい前目で競馬をするとかなりしぶとそうですね。

クリスティもそこそこ良い脚を使えそうですし、インから上手く差せれば3着くらいはありそうです。

 

大穴でロータスランド。

この馬も前目に行けそうなところで買ってみたいと思います。

まだ開幕2週目なので、前にいって粘りきる展開もしかするとあるかもしれません。

 

買い目は3連複。

1列目にクラヴァシュドール。

2列目にウーマンズハート・リアアメリア・レシステンシア。

3列目にウーマンズハート・リアアメリア・レシステンシア。クリスティ・ロータスランド。

 

この3連複9点で勝負します。

 

この記事は2019年12月7日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました