2019年秋華賞の競馬予想!関東馬と前走条件戦は消し?

予想

2019年秋華賞の競馬予想!

 

2019年10月13日に京都競馬場で、G1・秋華賞(芝2000m)が行われます。

今日はこのG1・秋華賞の馬山的競馬予想をしていきたいと思います。

 

2019年秋華賞の枠順は?

 

2019年秋華賞の枠順は以下のように決まりました。

 

【1枠】1番   ダノンファンタジー 川田 将雅
【1枠】2番   メイショウショウブ 池添 謙一
【2枠】3番   ブランノワール   浜中 俊
【2枠】4番   トゥーフラッシー  幸 英明
【3枠】5番   クロノジェネシス  北村 友一
【3枠】6番   ローズテソーロ   横山 典弘
【4枠】7番   ビーチサンバ    福永 祐一
【4枠】8番   カレンブーケドール 津村 明秀
【5枠】9番   シャドウディーヴァ 松山 弘平
【5枠】10番 シェーングランツ  武 豊
【6枠】11番 フェアリーポルカ  三浦 皇成
【6枠】12番 レッドアネモス   藤岡 康太
【7枠】13番 サトノダムゼル   M.デムーロ
【7枠】14番 シゲルピンクダイヤ 和田 竜二
【7枠】15番 コントラチェック  C.ルメール
【8枠】16番 パッシングスルー  戸崎 圭太
【8枠】17番 エスポワール    A.シュタルケ
【8枠】18番 シングフォーユー  藤岡 佑介

 

1番人気濃厚のダノンファンタジーが最内の1番、春の実績馬で休み明けのクロノジェネシスは5番、ルメール騎手騎乗のコントラチェックは15番に入りました。

予想ではこの3頭が上位人気になりそうです。

 

2019年秋華賞の予想!

 

それではここからは秋華賞の馬山的予想をしていきたいと思います。

 

前走レースと着順!

 

最初に考えたのが、前走どのレースを使っているか、そしてその着順ですね。

 

秋華賞のステップレースとして有名なのがローズSと紫苑Sの2つですね。

この2つのレースから秋華賞で馬券になるケースが多いです。

 

過去10年のデータをまとめると以下のようになります。

ローズS(5-7-6-60)。

紫苑S(2-1-0-12)。(G3昇格後)

 

ちなみに他の重賞からの成績だと以下の様になっています。

クイーンS(1-0-1-5)。

オークス(1-0-0-9)。

 

そして重賞以外のレースから来た馬は以下の様になっています。

前走重賞以外(1-2-2-58)。(昇格前の紫苑S含む)

 

これらを見ると前走ローズSが圧倒的に強いですね。

ちなみに秋華賞で連対した馬はすべて前走ローズSで5着以内に入っていました。

逆にローズSで6着以下だった馬は秋華賞で(0-0-2-34)とかなり苦戦しています。

 

前走がローズS以外の重賞の場合は3着以下だと(0-1-0-21)となるので、狙えるのは1~2着の馬のみと言っても良さそうですね。

 

そして前走が重賞以下だった馬は、前走時に1番人気だった馬以外は馬券になっていないため、前走の着順以上に人気が重要と考えられそうですね。

 

つまり狙えるのはローズS5着以内・前走重賞で1~2着・前走重賞以外で1番人気の馬が該当しそうです。

出走馬では以下の馬が該当します。

  • ダノンファンタジー(ローズS1着)。
  • ビーチサンバ(ローズS2着)。
  • シゲルピンクダイヤ(ローズS4着)。
  • メイショウショウブ(ローズS5着)。出走取消。
  • パッシングスルー(紫苑S1着)。
  • フェアリーポルカ(紫苑S2着)。
  • ブランノワール(2勝クラス1着)。
  • サトノダムゼル(2勝クラス1着)。
  • エスポワール(2勝クラス1着)。
  • ブランノワール(2勝クラス1着)。
  • シングフォーユー(1勝クラス1着)。

例年だとこの辺りが馬券になりやすい傾向にありそうですね。

 

前走条件戦組は全消し?

 

有力馬として10頭挙げましたが、半数の5頭が前走条件戦1番人気というデータに該当する有力馬でした。

 

ただ今年はある仮説を立てて予想してみたいと思います。

それは今年の条件戦のレベルは例年に比べて低いということです。

 

今年から降級制度が廃止されたため、上の条件で走っていた馬が降級して下の条件に下がってくるということがなくなりました。

つまり強い馬が下の条件に降りてくることがないため、3歳馬にとっては条件戦が非常に楽になっています。

さらに3歳馬は斤量も軽く、条件もかなり有利な状態にあるので条件戦を勝ちやすくなっていると言えそうです。

 

例年であれば、1000万下(2勝クラスに相当)を勝ち上がってくれば秋華賞でも勝負になっても良いレベルではありますが、今年に限ってはあまり信用できないのではないかなと仮説を立てました。

 

その仮説の裏付けとして2つのポイントを紹介したいと思います。

 

1つ目は今年の3歳馬の菊花賞と秋華賞のトライアルレース4レースの結果です。

4レース全てのレースで馬券になった馬は春の実績馬で夏に条件戦を勝ち上がって来た馬はいませんでした。

つまり今年の条件戦上がりの馬はあまり強くないのかなと思われますね。

 

2つ目は今年の3歳馬の2勝クラスの勝ち上がり率が異様に高いことですね。

これは例年に比べて降級馬がいないため、3歳馬にとって楽なレースになっていると考えられますよね。

つまり例年に比べると2勝クラス勝ち上がりの価値が少ないとも言えるんじゃないかと思います。

 

この2つのポイントから馬山は今年の2勝クラス突破はあまり信用できないという仮説を立てて全頭切ってみたいと考えています。

 

関東馬や関東騎手は怪しい?

 

関東馬の成績があまり良くないというデータもありますね。

関東馬の成績過去10年で(2-2-2-66)と関西馬の(8-8-8-82)という成績と比べるとかなり見劣りしますね。ただ無視できるとまでは言えません。

 

しかし過去10年の関東騎手の成績が(1-2-0-55)と更に悪いんですね。

 

この辺りも予想に組み込んで考えてみたいと思います。

 

前走オークス組の取捨選択!

 

そして最後に考えなければならないのが、前走オークス組で休み明けぶっつけになるクロノジェネシスとコントラチェックとシェーングランツの取捨選択です。

最近は外厩が良くなったため、休み明けでいきなり好走というパターンも珍しくないと思います。

 

とは言え、やはりまだまだ休み明けでいきなりG1を勝つ馬というのは相当な資質を持っている馬じゃないとできないと思われます。

 

そして考えられるのがノーザンファームの使い分けですね。

今回有力どころになりそうなダノンファンタジーやビーチサンバ、フェアリーポルカ、パッシングスルーあたりは全てノーザンファーム生産の馬となります。

ダノンファンタジーはダノックス、ビーチサンバは金子さんとノーザンファームのお得意様ですし、パッシングスルーはキャロットファームと直系のクラブですね。

 

そして休み明けでここに向かってくるクロノジェネシスやコントラチェック、シェーングランツもノーザンファーム生産馬です。

もしかしたらこの3頭はここで叩いてエリザベス女王杯狙いと言うのもあるのかもしれません。

 

ダノンファンタジーはこの先エリザベス女王杯は距離が長いと思いますし、ここを全力で獲りに来ると思うのでなおさら使い分けというのはありえそうですね。

 

となると休み明けの3頭の評価としてはやはりちょっと下げたいと思います。

 

馬山の2019年秋華賞の最終予想!

 

上で述べたポイントを予想に考慮して考えると、残った馬は以下の通りになります。

  • ダノンファンタジー(ローズS1着)。
  • ビーチサンバ(ローズS2着)。
  • シゲルピンクダイヤ(ローズS4着)。
  • フェアリーポルカ(紫苑S2着)。

 

パッシングスルーも有力どころだとは思いますが、関東馬と関東騎手(戸崎騎手)ということや台風の影響で輸送が1日早まっていたりといつもと違うスケジュールを踏んでいるのもやや懸念材料になるかもしれません。馬山としてはパッシングスルーは消していきたいと思います。

 

そしてもう1度検討したいのが、前走オークス組ですね。

休み明けでもG1で好走できるのらかなりの実績馬じゃないと難しいと思います。クロノジェネシスとコントラチェック、シェーングランツではちょっと実績不足かと思います。

唯一クロノジェネシスは阪神JF2着や桜花賞・オークス3着というG1実績があるので狙う価値はあるのかなと思います。

 

馬山の2019年秋華賞の買い目!

 

2019年秋華賞の馬山の買い目です。

 

今回は3連複5頭ボックスで勝負したいと思います。

  • ダノンファンタジー。
  • ビーチサンバ。
  • シゲルピンクダイヤ。
  • フェアリーポルカ。
  • クロノジェネシス。

シゲルピンクダイヤやビーチサンバは春の実績や秋初戦の成績に対して人気がないように感じます。

どの馬も重賞実績はあるにも関わらず、人気もなく意外にも美味しい配当になりそうなので今回はこの予想でいきたいと思います。

 

この記事は2019年10月13日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました