2019年マイルCSの競馬予想!ダノンの呪いは継続する?

予想

2019年マイルCSの競馬予想!

 

2019年11月17日に京都競馬場で、G1・マイルCS(芝1600m)が行われます。

今日はこのG1・マイルCSの馬山的競馬予想をしていきたいと思います。

 

馬山の2019年秋冬のG1の成績!

 

まずは2019年秋冬のG1の馬山の成績を見ていきたいと思います。

  • スプリンターズS・・・不的中。(28点購入)

モズスーパーフレア頭に固定して馬券を組むも残念な2着。だだ1~3番人気でのガチガチ決着なのでこのはずれはある意味割りきって考えています。

 

  • 秋華賞・・・不的中。(10点購入)

5頭ボックスで勝負するも2着のカレンブーケドールが抜けてはずれ。3着の10番人気シゲルピンクダイヤは買えていただけにちょっと残念。

 

  • 菊花賞・・・3連単23510円的中。(36点購入。)

春の実績馬のみを買って見事に的中。ヴェロックスが勝ちきれないという予感も的中しました。

 

  • 天皇賞(秋)・・・不的中。(3点購入)

サートゥルナーリアを切ったのは大正解でしたし、アーモンドアイ・ダノンプレミアム・アエロリットの3頭を買いながらも肝心の本命・ワグネリアンが沈んで撃沈。

 

  • エリザベス女王杯・・・不的中。(15点購入)

本命ラッキーライラックでばっちり的中と言いたいところですが、2着クロコスミアが抜けてしまいました。1・3・4・5着は買っていただけに悔しいです。

 

現在5戦1勝。購入は9200円。払い戻しは23510円。

 

色々考えながら予想していますので、良かったら過去の予想記事も読んでみてください。

 

2019年マイルCSの枠順は?

 

2019年マイルCSの枠順は以下のように決まりました。

【1枠】1番  ダノンキングリー  横山 典弘
【1枠】2番  グァンチャーレ   松岡 正海
【2枠】3番  マイスタイル    田中 勝春
【2枠】4番  レッドオルガ    岩田 望来
【3枠】5番  インディチャンプ  池添 謙一
【3枠】6番  フィアーノロマーノ 藤岡 康太
【4枠】7番  ペルシアンナイト  O.マーフィ
【4枠】8番  プリモシーン    W.ビュイック
【5枠】9番  クリノガウディー  藤岡 佑介
【5枠】10番 アルアイン     R.ムーア
【6枠】11番 カテドラル     武 豊
【6枠】12番 モズアスコット   和田 竜二
【7枠】13番 タイムトリップ   幸 英明
【7枠】14番 ダノンプレミアム  川田 将雅
【8枠】15番 ダイアトニック   C.スミヨン
【8枠】16番 エメラルファイト  石川 裕紀人
【8枠】17番 レイエンダ     C.ルメール

 

注目のダノン2頭は内と外に分かれました。

ダノンキングリーは最内の1番ですね。京都の枠順傾向や今の馬場状態だと内は有利ですが、がっつり包まれそうな展開も予想できるので完全にプラスとは言えなそうですね。

ダノンプレミアムは外に入ってしまいましたが、今回のメンバーであれば前に付けるのはそこまで難しくなさそうです。

 

グァンチャーレやインディチャンプあたりは最高にいい枠になったのではないでしょうか。スッと先行して内で脚を溜めれば面白そうです。

 

ダイアトニックやレイエンダはかなり外ですね。2頭とも後ろから行く馬なので外枠はそこまでマイナスではないですが、やはり相手関係や京都ということを考えると内に潜り込んで脚を溜めたいところだと思いますね。

 

2019年マイルCSの予想!

 

それではここからはマイルCSの馬山的予想をしていきたいと思います。

 

馬齢別の成績!

 

まずは馬齢での成績のデータを見てみたいと思います。

マイルCSでは長年3歳馬が勝てずに3歳は軽視しても良いという雰囲気がありました。ただここ2年連続で3歳馬が勝利しています。

今年も3歳馬の勢いが続くのか、古馬が意地を見せるかそのあたりが予想のポイントになりそうですね。

  • 3歳・・・(2-0-2-31)
  • 4歳・・・(3-6-4-23)
  • 5歳・・・(3-3-3-49)
  • 6歳・・・(1-1-1-30)
  • 7歳以上・・・(1-0-0-16)

圧倒的に4歳の成績が良さそうですね。

ここ2年で2勝、3着1回の3歳馬ですが、確率から行くとあまり優秀とは言えませんね。

7歳以上もかなり確率としては厳しいです。

 

該当するのは、3歳馬のダノンキングリー・クリノガウディー・カテドラル・エメラルファイト。7歳馬のグァンチャーレです。

 

G1での実績!

 

続いて注目したのはG1での実績ですね。

 

過去にG1で馬券圏内に来たことのある馬がかなり優秀な成績を収めていました。

  • G1で1~3着以内の実績がある・・・(10-6-4-76)
  • G1で1~3着以内の実績なし・・・(0-2-1-53)
  • 今回がG1初出走・・・(0-2-3-17)

なんと勝ち馬すべてがG1での実績を持っていることになります。

 

となるとG1での実績がないダイアトニックやレイエンダあたりには厳しいデータと言えそうです。

 

馬山の2019年マイルCSの最終予想!

 

それでは馬山の最小限予想をしていきたいと思います。

 

上に載せたデータから見ると3歳馬は嫌って考えたいですね。

今年の3歳馬はレベルが低いのではないかと言われていますし、事実サートゥルナーリアは天皇賞(秋)で惨敗、エリザベス女王杯でもラヴズオンリーユーがなんとか3着、クロノジェネシスは5着に敗れました。

 

このあたりを考えると古馬の壁は存在しそうですね。

 

今回の3歳馬にはダノンキングリーという3歳でもトップクラスの実績を残している馬がいますが、ここが通用するかどうかというレベルなのではないかと思います。

 

逆に中心視したいしたい馬としては4歳馬でG1実績があるダノンプレミアムとインディチャンプですね。

 

相手に考えたいのは昨年3着でムーア騎手でここがメイチの気配がするアルアイン。

マイル戦で強く、高速決着に分がありそうなプリモシーン。

ルメール騎手がとにかく怖いレイエンダ。

スローペースで逃げればしぶとそうなグァンチャーレ。

復活の兆しを感じるモズアスコット。

 

このあたりを買ってみたいですね。

 

馬山の2019年マイルCSの買い目!

 

2019年マイルCSの馬山の買い目です。

 

本命はインディチャンプでいきたいと思います。

前走は仕上がり途上で斤量58キロ、距離もベストより長い1800mなのを考えると十分評価出来そうです。

インコースの好位でしっかり我慢して足を溜めれば、馬券圏内は固いと思われます。

 

相手はダノンプレミアム。

普通に考えるとこの馬が実力はNo.1です。外枠ですが、メンバー構成を見るとすんなり先行できそうなので問題なさそうですね。

ハイペースにさえならなければ、崩れることはなさそうです。

 

 

今回はインディチャンプとダノンプレミアムの2頭軸3連複にしたいと思います。

相手には以下の5頭を挙げます。

アルアイン。

プリモシーン。

レイエンダ。

グァンチャーレ。

モズアスコット。

 

以上3連複5点で勝負です。

 

この記事は2019年11月17日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました