2019年オークスの予想!桜花賞組が本命?

予想

2019年オークス!

 

2019年5月19日に東京競馬場で、G1・オークス(芝2400m)が行われます。

今日はこのG1・オークスの馬山的競馬予想をしていきたいと思います!

 

2019年オークスの枠順は?

 

2019年オークスの枠順は以下のように決まりました。

1枠1番  ジョディー      武藤 雅
1枠2番  クロノジェネシス   北村 友一
2枠3番  コントラチェック   D.レーン
2枠4番  シェーングランツ   武豊
3枠5番  エールヴォア     松山 弘平
3枠6番  アクアミラビリス   藤岡 佑介
4枠7番  シャドウディーヴァ  岩田 康誠
4枠8番  ダノンファンタジー  川田 将雅
5枠9番  ウインゼノビア    松岡 正海
5枠10番 カレンブーケドール  津村 明秀
6枠11番 シゲルピンクダイヤ  和田 竜二
6枠12番 ウィクトーリア    戸崎 圭太
7枠13番 ラヴズオンリーユー  M.デムーロ
7枠14番 フェアリーポルカ   幸 英明
7枠15番 ノーワン       坂井 瑠星
8枠16番 ビーチサンバ     福永 祐一
8枠17番 メイショウショウブ  池添 謙一
8枠18番 フィリアプーラ    丸山 元気

 

2019年オークスの予想!

 

それではここからはオークスの馬山的予想をしていきたいと思います。

 

オークスは堅い?

 

オークスは比較的堅く収まるレースだと馬山は考えています。

過去10年間の1番人気馬の成績は【5.2.1.2】。1番人気の馬の成績はなかなか良いですね。2番人気馬も【1.3.3.3】とかなりの好成績。

過去10年では1番人気と2番人気が揃って馬券にならなかったという年はありませんでした。

つまりとりあえず1番人気か2番人気の馬を軸にしておけば良いと思われますね。

 

じゃあ穴馬はどうなんだと言いますと、過去10年では10番人気以下の馬は1頭も馬券内に来ていませんでした。

つまりオークスはあまり大穴の馬は来ないと考えても良いのかもしれません。

 

堅く収まる理由はいくつか考えられますが、まずは3歳牝馬にとって2400mが未知の距離であるというところや東京競馬場で行われるところがポイントになってきそうですね。

2400mに適正のある3歳牝馬というのはそれほど多くないですし、初めての距離という場合がほとんどなので本来の実力や格の通りに決まることが多いとも言えそうです。

また東京競馬場というコースも紛れが少なくて実力を出し切りやすいコースと言えそうなので、この点からも実力や格の通りに決まることが多く、波乱は起きにくいと想定されますね。

 

本命は前走・桜花賞組!

 

過去10年間すべてで、前走・桜花賞組が馬券に絡んでいます。つまり軸とする馬は前走・桜花賞組から選ぶのが良さそうですね。

 

特に桜花賞で馬券に絡んだ馬の成績は良く、2013年以外はすべての年で桜花賞1~3着の馬のいずれかがオークスでも馬券圏内に来ています。

今年で言うと桜花賞2着のシゲルピンクダイヤと3着のクロノジェネシスが該当しそうですね。

 

別路線組での注目は?

 

過去10年で見た時に別路線組でも勝負になっている馬は前走・フローラS組と忘れな草賞組になります。

 

フローラS組は基本的には1~2着に入った馬が好成績ですね。

フローラS3着馬が1回・5着馬が1回、オークスで馬券圏内に来たことがあるので、最低でも掲示板に載った馬が勝負になるのかもしれません。

今回該当するのは、フローラS1着ウィクトーリア・2着シャドウディーヴァ・3着ジョディー・5着フェアリーポルカです。

 

忘れな草賞組は勝った馬のみがここでも勝負になっていますし、過去10年で2頭がオークスで勝っています。

逆に2・3着はないので、勝負になった場合は1着に来るとも言えそうです。

今回該当するのは、忘れな草賞1着ラヴズオンリーユーです。

 

馬山の2019年オークスの最終予想!

 

まずは桜花賞組の取捨選択ですね。

過去10年を見てみると桜花賞上位着順の馬が好成績ですね。さらに桜花賞で人気を背負いながらも好走した馬のオークスでの成績もなかなか良さそうです。

となると桜花賞3番人気で3着のクロノジェネシスは1番の有力候補となりそうです。

 

そして桜花賞で人気になりながらも凡走した馬のオークスでの巻き返しも目立っています。

今年の桜花賞で1番人気になりながら4着となったダノンファンタジーも巻き返し可能なのかもしれません。

 

ただ馬山的な観点でダノンファンタジーは2400mという距離に不安がかなり大きいと見ています。桜花賞でも折り合いを欠いていた印象ですし、2歳時にファンタジーSを使って圧勝している様に将来的には1600m以下で活躍する馬だと感じますね。

 

であれば、ダノンファンタジーよりも桜花賞2着のシゲルピンクダイヤを上に見たいと思います。

桜花賞の人気は7番人気と低評価でしたが、上がり最速での2着はなかなか価値がありそうです。ダイワメジャー産駒ということで距離が心配ですが、母父はヨーロッパ系の血統なので何とかなりそうな気もしますね。

 

そして別路線組です。

まずはフローラSの掲示板に載った4頭の1着ウィクトーリア・2着シャドウディーヴァ・3着ジョディー・5着フェアリーポルカですね。

ここではフローラSで3番人気で勝ったウィクトーリアと2番人気で2着のシャドウディーヴァを取り上げたいと思います。

特にウィクトーリアを上に見たいと思っています。前走・フローラSでは中団から上がり最速での差し切りでした。前々走の条件戦では逃げ切り勝ちしている様に前目に付けることも出来そうです。オークスは直線入った時点で前目に位置しておきたいレースでもあるので、前目でスムーズに折り合って前走の脚が使えればかなり好走出来そうな気もしますね。今年のフローラSはタイムもなかなか早かったので、そういう意味でも期待できるかもしれません。

 

そして最後に悩みどころなのが、忘れな草賞1着ラヴズオンリーユーです。

過去10年の傾向からすると勝つか馬券圏外かどちらかで2・3着はなさそうですね。

素質があるのは間違いなさそうですし、通用すれば圧勝まであるかもしれません。

ただ4戦4勝の無敗のオークス馬になるのは簡単なことではないと思いますし、多頭数のレース・一線級とのレース・初の輸送と不安要素も多いので今回は見送りたいと思います。

勝つ可能性もかなり高いと思います。

 

馬山の2019年オークスの買い目!

 

軸はクロノジェネシスでいきます。

桜花賞3番人気3着ですし、実力は世代トップレベルだと思います。

 

相手は2頭。

まずシゲルピンクダイヤ。ダイワメジャー産駒なので距離不安はありますが、末脚が強烈なのでスローペースで直線だけの競馬になれば分があるかもしれません。

もう1頭はウィクトーリア。フローラSの勝ち馬と言うことで抑えなくてはいけない1頭ですね。

 

クロノジェネシスからシゲルピンクダイヤ・ウィクトーリアへのワイドで勝負したいと思います。

 

これであればもしラヴズオンリーユーが強かったとしても的中の道は残されますね。

どちらとオッズも7倍以上は期待できるので配当的にも悪くないと思います。

 

もし大きく狙っていくのであれば、シゲルピンクダイヤとウィクトーリアのワイドが20倍くらい付きそうなので面白いかもしれませんね。

 

この記事は2019年5月19日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました