サンコーのネッククーラーProR4は涼しい?ペルチェ素子が凄い!

おすすめ・注目
スポンサーリンク

サンコー『ネッククーラーProR4』!

 

サンコーから『ネッククーラーProR4』が発売されました。

 

今日は近年夏に欠かせないアイテムになっているネッククーラーの新商品であるサンコーの『ネッククーラーProR4』について紹介してみたいと思います。

 

サンコー『ネッククーラーProR4』が発売開始!

 

サンコーが2022年4月18日にネッククーラーの新モデルとなる『ネッククーラーProR4』を発売しました。

『ネッククーラーProR4』は首に巻きつけて使うウェアラブル型のクーラーとなっています。

【2022年改良モデル】THANKO ネッククーラーPro R4 TKPNC22BK サンコー
【2022年新作】4つの冷却プレートでパワーアップした、ネッククーラーProR4が登場! サンコーの大人気商品、ネッククーラーシリーズから、"Pro仕様"の「ネッククーラーProR4」が登場しました!! 冷却ユニットがなんと4つもついていて、首元広範囲を強力冷却! この夏の炎天下、相棒になること間違いありません。 小型...

 

『ネッククーラーProR4』は、2020年モデルの『ネッククーラーNeo』、2021年モデルの『ネッククーラーEvo』の後継モデルの位置するモデルとされています。

前モデルの『ネッククーラーEvo』はこちらになりますね。

THANKO ネッククーラーEvo (ブラック) TK-NEMU3-BK
■ネッククーラーEvo ベーシックモデル 【本体サイズ】最小:幅130×高さ37×奥行き85(mm) 最大:幅170×高さ37×奥行き155(mm) 【首回りサイズ】最小:約37cm 最大:約50cm 【ケーブル長】全長約120cm 【重量】150g(本体+USBケーブル) 【電源】USBバスパワー 5V/1A以上 【...

 

スポンサーリンク

サンコーってどんなメーカー?

 

サンコーは色々な便利な小物やガジェットを扱っているメーカーで、面白いグッズを数多く取り扱っています。

あると便利かもといったアイディア商品を数多く取り揃えてる反面、ちょっと使い道なさそうだなと思えるようなかなり攻めた商品なんかも販売しています。

 

ユーモア溢れる商品が多いので、テレビなどの各メディアでも紹介されることもあるので聞いたことがあるという人も多いのではないかと思いますし、知名度もまずまず高まっているメーカーです。

 

秋葉原には実店舗もありますし、家電やPC関連の製品なども多く扱っていることからも、しっかりとした安心感が感じられますね。

 

面白いアイディア商品が多いので、馬山もついつい欲しくなってしまいますね。中でもおひとりさま家電シリーズはめちゃくちゃ魅力的だったりします。

サンコーの商品はAmazonでも多く扱われているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

Amazon.co.jp: THANKO
Amazon.co.jp: THANKO

 

サンコー『ネッククーラーProR4』の特徴は?

ここからはサンコー『ネッククーラーProR4』の特徴について紹介していきたいと思います。

【2022年改良モデル】THANKO ネッククーラーPro R4 TKPNC22BK サンコー
【2022年新作】4つの冷却プレートでパワーアップした、ネッククーラーProR4が登場! サンコーの大人気商品、ネッククーラーシリーズから、"Pro仕様"の「ネッククーラーProR4」が登場しました!! 冷却ユニットがなんと4つもついていて、首元広範囲を強力冷却! この夏の炎天下、相棒になること間違いありません。 小型...

 

『ペルチェ冷却方式』のネッククーラー!

『ネッククーラーProR4』は『ペルチェ冷却方式』が採用された首掛けタイプの冷却器となっています。

 

『ペルチェ素子』については、あまり知らないという方が多いと思いますので、『ペルチェ素子』について簡単に説明していきます。

『ペルチェ素子』とは、ペルチェ効果を用いた板状の半導体熱電素子のことです。
『ペルチェ素子』に、電流を流すと素子の上面で吸熱(冷却)し、下面で発熱(加熱)するという仕組みになっています。

簡単に言ってしまうと、『ペルチェ素子』という板状の素子がめちゃめちゃ冷たくなるので、それを首などに付けると涼しくなりますといったモノになりますね。

 

4つのプレートを搭載!

上で説明した『ペルチェ素子』でできたプレートが、『ネッククーラーProR4』には4つ搭載されています。

 

前のモデルである2021年モデルの『ネッククーラーEvo』は、『ペルチェ素子』でできたプレートが2つだったことを考えると、かなり性能は強化されたと考えていいのではないかと思います。

 

3段階の切り替えが可能!

冷却強度が3段階に切り替えが可能となっています。

ハイパワー、強、弱の3段階切り替えが可能で、ハイパワーモード時が気温より約-15度、強モード時が約-13度、弱モード時が約-9度となっています。

かなり冷却性能は高いので、一番大切な『ひんやり感』はしっかりと感じられそうですね。

 

あらゆる状況でも安心して使える!

『ネッククーラーProR4』はどんな状況でも安心して使える設計になっています。

 

まずは『IPX5防水』なので、汗や雨などが付着しても使えます。

さらに専用の防塵カバーを装着することで『IP45防塵防水性能』を得ることができます。ただこの専用の防塵カバーは別売りとなっていて、980円(税込)になります。

そして耐衝撃性能も優秀で170cmからの落下にも耐えられるように設計されています。

 

以上のようにどんな状況下でも安心して使えるというのは地味に嬉しいポイントだと感じますね。

 

スポンサーリンク

サンコー『ネッククーラーProR4』の残念ポイント!

 

では最後に『ネッククーラーProR4』の残念ポイントについても紹介したいと思います。

 

充電性能が物足りない!

『ネッククーラーProR4』は専用バッテリーで稼働しますが、4時間の充電でハイパワーモード時2時間、強モード時3時間、弱モード時4時間稼働となっています。

弱モードでも4時間稼働ということで1日使うことはできません。

なので長時間使いたいという人にはやや稼働時間が足りないのかなと思います。

 

モバイルバッテリーと繋ぐことでさらに使用することができるのは良いポイントですが、モバイルバッテリーと繋いでいると取り回しが面倒になりそうなので、やはり専用バッテリーの電池持ちがもう少し良いと嬉しかったですね。

 

値段が高い!

『ネッククーラーProR4』は12800円(税込)ということでややお高い価格になっています。

 

前モデルの『ネッククーラーEvo』は約3000~4000円程で購入できますので、それと比べるとめちゃくちゃお高いのがわかりますね。

 

冷却プレートの数が2つから4つに増えているので、冷却性能も『ネッククーラーEvo』からかなりアップしているのは間違いないですが、お値段が倍以上というのはちょっと残念ポイントになりますね。

 

それほど多く使わないライトな使い方をする人には、前モデルの『ネッククーラーEvo』で十分ですし、コスパが高いと思います。

THANKO ネッククーラーEvo (ブラック) TK-NEMU3-BK
■ネッククーラーEvo ベーシックモデル 【本体サイズ】最小:幅130×高さ37×奥行き85(mm) 最大:幅170×高さ37×奥行き155(mm) 【首回りサイズ】最小:約37cm 最大:約50cm 【ケーブル長】全長約120cm 【重量】150g(本体+USBケーブル) 【電源】USBバスパワー 5V/1A以上 【...

 

サンコー『ネッククーラーProR4』に注目!

 

今日は近年夏に欠かせないアイテムになっているネッククーラーの新商品であるサンコーの『ネッククーラーProR4』について紹介してみました。

 

最近は『ペルチェ素子』を用いた冷却プレートを搭載しているネッククーラーが多く発売されていて、人気を集めています。

その中でも『ネッククーラーProR4』は、毎年発売されているシリーズの新作なので、かなり信頼できるモデルだと思います。

 

真夏の猛暑に外へ出掛けたり仕事をする方にはめちゃくちゃおすすめできるネッククーラーだと思うので、是非気になる方はチェックしてみてください。

 

SONYのウェアラブルクーラー『レオンポケット3』が2022年4月21日に発売されました。こちらは記事にまとめているので是非見てください。

 

この記事は2021年5月3日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました