大型猫におすすめのキャットタワーは『mau』!ヒカキンも愛用!

おすすめ・注目

大型猫におすすめキャットタワーは『mau』!

 

運動不足になりがちな家中で猫ちゃんを飼っている人におすすめしたいのがキャットタワーです。

 

今日は大型猫におすすめしたいキャットタワーブランドの『mau』について色々書いてみたいと思います。

 

キャットタワーって必要?

 

そもそも猫を家の中で飼っているけどキャットタワーなんて持っていないって人も多いと思います。もっと言ってしまえばキャットタワーなんていらないと考える人もいるかもしれませんね。

キャットタワーというと『生活必需品』というよりは、娯楽品だったりプラスαのアイテムとして考えられていると思います。

 

ただキャットタワーは家の中で猫を飼っている人にとっては『生活必需品』といっても良いくらい重要なアイテムと言えます。

 

それには2つの大きな理由があります。

1つ目は運動不足の解消。

家の中で猫を飼うということはやはり動き回るスペースが少ないことにも繋がります。

動き回る広いスペースが確保できなくても、上下に動けるキャットタワーを置くことでジャンプしたり飛び降りたりと運動を促すことができます。

そもそも猫は高いところが好きなので、キャットタワーを置くと喜んで上り下りすると思います。

運動不足を解消することでストレスの解消にもなり、猫ちゃんを心身ともに健康な状態に保つことができます。

 

2つ目は猫のテリトリーを作ってあげる。

猫は本能的に高いところが好きという習性を持っています。おそらく元々狩りをしていた動物なので、高いところから周りを見渡したり、獲物を待ち伏せしていたところから来る習性ですね。

そういった習性から高いところが落ち着くという猫ちゃんが多いです。

キャットタワーを設置することで猫ちゃんが落ち着くことが出来るテリトリーを作ってあげることができます。

落ち着いて休めるポイントがあると動物は安心して生活できますので、そういう点でもキャットタワーは重要ですね。

 

追加の理由として、猫を多頭飼いしている場合にもキャットタワーはあった方が良いかもしれません。

猫の習性では高いところにテリトリーを持っている猫ちゃんが偉いということがあるようです。多頭飼いの場合にはテリトリーを猫ちゃん同士で決めることによって、スムーズな猫ちゃん関係が築けることがあります。

キャットタワーがあるとそういったものを構築する手助けになるかもしれませんね。

 

おすすめのキャットタワーメーカー『mau』!

 

今回は大型の猫ちゃんを飼っているご家庭におすすめしたいキャットタワーを紹介します。そのメーカーはキャットタワーメーカー『mau』になります。

 

『mau』はオリジナルのキャットタワーを販売しているキャットタワー専門店で、あの超有名YouTuberヒカキンさんが取り上げたことで人気が爆発したキャットタワーブランドです。

 

大型のキャットタワーからコンパクトなキャットタワーまでかなり豊富なラインナップを揃えています。

飼っている猫ちゃんの特徴に合わせたキャットタワーが探せるのは非常に嬉しいですね。

 

特に大型猫ちゃんや多頭飼いにぴったりな大型のキャットタワーも豊富です。『mau』の特徴として、非常に安定していてぐらつきや揺れがないというものが挙げられます。

ここからは大型猫ちゃんや多頭飼いしているご家庭におすすめしたいキャットタワーを紹介していきます。

 

キャットタワー『リッチエッグ』!

 

最初に紹介するのは『リッチエッグ』というキャットタワーです。

こちらの『リッチエッグ』は『mau』でも人気の『ミルキーエッグ』というキャットタワーの大型タイプの商品になります。

 

 

ずっしりしていて安定感は抜群で、大型の猫ちゃんが飛び乗ったり、複数の猫ちゃんが乗ってもぐらついたり揺れたりすることはありません。

 

実は馬山の家も猫ちゃんが2匹いて、2頭とも大型猫なのですが、馬山の家に設置しているキャットタワーがこの『リッチエッグ』なんです。

本当に安定感があってどっしりしていて、猫ちゃんも安心して利用している感じがしますね。

 

『リッチエッグ』の特徴として、タワー中央にある大きなハウスと頂上にある背もたれがついている大きなベッドがあります。その他のステップも広めに作られており、正に大型猫ちゃんのためのキャットタワーと言えそうですね。

 

キャットタワー『プリシャトー』!

 

続いて紹介するキャットタワーが『プリシャトー』です。

『プリシャトー』は超有名YouTuberであるヒカキンさんも愛用しているキャットタワーと同じモデルとなっています。

ヒカキンさんはスコティッシュフォールドという種類の猫ちゃんを飼っています。スコティッシュフォールドは平均的な大きさの猫ですが、比較的がっちりとした骨格の猫ちゃんです。

ヒカキンさんはスコティッシュフォールドを2頭飼っていますが、こちらの『プリシャトー』も安定性はかなり高く、大型猫や多頭飼いでも安心のキャットタワーですね。

 

『プリシャトー』の特徴としては、最上部にある猫の顔の形をしたハウスです。ひげの部分はバネになっていてオモチャの様な役割になりますし、固定されているわけではないのでハウスとして独立して別に使うこともできます。ハウスの作りもしっかりしてるので猫ちゃんが中で動いて落ちてしまう心配も少ないと思います。最下層部分にも中に入れるハウスがあるので、箱などに入るのが好きな猫ちゃんは間違いなく気に入るキャットタワーだと思います。

 

ちなみにヒカキンさんはキャットタワーを2つ設置していますが、もう1つのキャットタワーは『アラモード』というキャットタワーです。

こちらもチーズの様な穴が空いている大きなハウスが特徴で非常に面白いキャットタワーですね。

まるお&もふこ1歳の誕生日でキャットタワー2つと猫用ケーキをプレゼント!

キャットタワー『レガーロ』!

 

最後に紹介するキャットタワーは『レガーロ』という商品です。

こちらの『レガーロ』はシンプルで王道のキャットタワーと言えそうですね。

 

一見シンプルで面白味はなさそうに見えますが、ハンモックの様なベッドが付いていたり、高低差のあるステップがいくつもあってキャットタワーの本来の目的の1つである運動という面では非常に効果的なキャットタワーに仕上がっています。

 

また『mau』のキャットタワーに多く採用されている麻のポールが使われていないため、麻の匂いが気になる方も安心な作りになっています。

リビングなどにキャットタワーを置く場合に麻の匂いが気になるというユーザーも少なくないようなので、そういった部分が気になる方には非常に良いキャットタワーですね。

『mau』のキャットタワーはおすすめ!

 

今日は大型猫を飼っていたり、多頭飼いしているお家におすすめしたいキャットタワーブランド『mau』の商品について書いてみました。

 

馬山が実際に使っていて、かなり安定感や作りがしっかりしていると感じるため、大型猫ちゃんや多頭飼いにはホントにおすすめできると感じます。

超有名YouTuberのヒカキンさんが使ってるというのもちょっと嬉しいところだと思いますし安心感がありますね。

 

『mau』のキャットタワーにはコンパクトタイプだったり、高齢の猫ちゃん向けに比較的低めに作られているキャットタワーもあって、色々なキャットタワーがあります。

猫ちゃんを飼っている皆さんは是非『mau』のキャットタワーを検討してみてはいかがでしょうか。

 

この記事は2020年4月2日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました