おすすめ腰痛サポーター3選!介護職からスポーツまで使えるベルト!

おすすめ・注目

おすすめの腰痛サポーターやベルト!

 

先日家族や親戚が立て続けに3人、腰痛に悩まされるという事態になってしまいました。

仕事やスポーツが原因で腰痛持ちという方は多いのではないでしょうか。

 

今回は腰痛サポーターやベルトについて色々調べたので紹介していきたいと思います。

 

腰痛サポーターやベルトの効果は?

 

皆さんは腰痛に悩まされたことがありますか?

仕事だったりスポーツだったりと原因は様々だと思いますが、多くの人が1度は腰痛を経験したことがあるのではないかと思います。

 

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などから来る腰痛は動くのもままならない程辛いものです。

ただ残念ながら腰痛は完治することは難しく、いかに痛みを和らげるかや今以上に腰痛を悪化させないかという点が重要とされています。

 

そこで注目していきたいのが、腰痛サポーターやベルトになります。

この腰痛サポーターやベルトをすることで腰痛を和らげることができます。ここで勘違いしてはいけないのは腰痛サポーターやベルトは治療の為のアイテムではなく、あくまでも痛みを和らげたり、今以上に症状を悪化させないサポート的な役割だということですね。腰痛サポーターやベルトのお陰で腰痛が治るということはないのでそこは覚えておいてくださいね。

 

では具体的に腰痛サポーターやベルトにはどんな効果があるのかを以下にまとめてみました。

腰痛サポーターはお腹の筋肉を押さえつけることで内臓を中に押し込め、しっかりと固定することで腰にかかる負担を軽減、安定させることができます。
腰が動くことで痛みがある場合にはしっかりと固定することで、余計な動きを抑制する役割があります。
腰が冷えることによって痛みが強くなる場合も考えられますので、保温という役割もあります。

 

ただ腰痛サポーターやベルトを付けっぱなしにするのもおすすめできません。

腰を固定、保護してくれるのは間違いありませんが、腰を支えるために必要な筋肉も衰えてしまう可能性もあるとされていますので四六時中付けたまま生活するのはやめた方がいいかもしれません。

さらに腰痛サポーターやベルトを長い時間きつく絞めすぎると内臓に負担がかかったり血行が悪くなる可能性もありますので、そういった面からも付けたままはやめた方が良さそうです。

 

おすすめの腰痛サポーター・ベルト3選!

 

腰痛サポーター・ベルトは痛みを和らげるという点では非常に有効な手段だということがわかりましたね。

腰痛持ちにとっては痛みが緩和できるというだけで腰痛サポーター・ベルトは重要なアイテムと言えそうですね。

 

ただ色んな種類やメーカーから多くの腰痛サポーター・ベルトが発売されていて、どれが良いのかわかりにくいかもしれませんね。

値段もピンからキリまでありますので、その点でも迷ってしまいがちですね。

 

腰痛サポーターやベルトをおすすめしているサイトは多くありますが、その多くは8選だったり10選だったりとそこから選ぶのも大変なくらいですね。

そこで当サイトでは厳選した3つの腰痛サポーター・ベルトをおすすめしたいと思います。

 

定番中の定番・バンテリンコーワサポーター!

 

まずは紹介するのは『バンテリンコーワサポーター』です。

『バンテリン』といえば、筋肉痛や肩こり、腰痛などに塗ったり貼ったりする薬として有名ですね。CMもバンバン放送されていますし、有名なゴルファーなども出演されているので多くの人が知っていると思います。

 

そんな体中の痛みに効く『バンテリン』が腰痛の方のために発売しているのが、『バンテリンコーワサポーター』です。

この『バンテリンコーワサポーター』は腰だけではなく、膝や肘や手首など体中の色んな部分のサポーターを発売しています。逆を言うとそれだけ人間の体について深く研究しているということでしょうし、当然腰についても期待は高まりますね。

また腰の『バンテリンコーワサポーター』も通常タイプのサポーター以外にしっかり加圧タイプという商品もあり、自分の症状に合ったタイプが選べるのもいいですね。さらにカラーやサイズもいくつかのタイプから選べるのも嬉しいですね。

そして有名な『バンテリン』の商品らしく、ネットでも近くの薬局などで手に入りやすいというのも良いですね。人によっては腰痛が急に悪化したり、発生したりするので気軽に手に入れやすいのは良いですね。

 

この『バンテリンコーワサポーター』の特長は以下のようになっています。

背屈抑制機能・・・生地に縫い込んだクロスネットが腰を広くサポートします。腰椎から骨盤にかけて支えることで過度な動きを制限します。

体幹補助機能・・・人間工学に基づいた三次元フィット形状で下腹部と腰部を挟み込むことで、適切な姿勢へサポートし、腰の負担を軽減します。

薄型設計で快適な使用感を実現・・・通気性の高い薄型生地を採用したことで、ムレにくく、少ない違和感で着用できます。

 

『バンテリンコーワサポーター』公式サイトより引用。

 

筋肉痛や肩こり、腰痛で『バンテリン』を愛用していたり、使ったことがある方はまずはこの『バンテリンコーワサポーター』を使用してみるのが良いと思います。

 

スポーツをやる方におすすめ・ミズノの腰部骨盤ベルト!

 

続いて紹介したいのは有名スポーツメーカーの『ミズノ』が発売している『ミズノ・腰部骨盤ベルト』です。

こちらはスポーツメーカー『ミズノ』が発売しているだけあって、スポーツをやったり体を動かす仕事をしている人、特に介護職や医療職におすすめですね。

ノーマルタイプは細めのベルトとなっているので、体を動かす人には動きやすく着けていても違和感が少ないと思います。

2重ベルトになっているので、固定する力はしっかりとあるので細めのベルトだからといって固定力に心配はないですね。

 

この『ミズノ・腰部骨盤ベルト』もノーマルタイプの他に通気性に優れたメッシュタイプ、ベルトの幅が広いワイドタイプ、ノーマルよりさらに幅が細めのスリムタイプがあります。

かなり動きのあるスポーツをする人は邪魔になりにくいスリムタイプや汗をかいても蒸れないメッシュタイプがおすすめですし、しっかりと保護したいという方にはワイドタイプがおすすめですね。

 

馬山イチオシ・ザムストの腰サポーター!

 

最後に紹介するのは馬山がイチオシする『ザムスト』の腰サポーターですね。

実はこの『ザムスト』は腰を痛めた馬山の家族や親戚が愛用している腰サポーターなんです。

スポーツの強豪高校に通う高校生の姪っ子が部活で腰を痛めてしまった時に部活の先輩や顧問の先生におすすめされたのが『ザムスト』の腰サポーターだったんですね。

ちなみにこの『ザムスト』はバドミントン日本代表の松友選手も愛用しているということでスポーツをする人にもおすすめですね。

 

『ザムスト』の腰サポーターもいくつか種類があります。通気性重視のソフトサポート、薄さ重視のソフトサポート、フィット重視のミドルサポート、固定力重視のハードサポートです。

馬山の親族はみんなハードサポートを使っていますが、評価は非常に高いですね。

馬山自身もこのハードサポートを装着してみたこともありますが、サポーターの幅も広くてしっかりと固定されている感や支えられている感がありました。腰痛がひどい人でしっかりと固定したいという方にはハードサポートはおすすめですね。

 

好みや症状に合わせた腰痛サポーターやベルトを!

 

今日は腰痛サポーターやベルトについて色々調べてみました。

 

腰痛がひどくて悩んでいる方は腰痛サポーター・ベルトを使用することをおすすめしますね。もちろん治療にはなりませんが、痛みが緩和できるだけで非常に助かりますよね。

 

どの腰痛サポーター・ベルトが良いのかわからないという方は上で挙げたメーカーの腰痛サポーター・ベルトを候補に入れて見てくださいね。

 

また腰痛はまだそんなにないという方も予防的に使うというのは有効な方法だと思います。もし腰を痛めやすい仕事やスポーツをしている方は腰を痛める前に予防的に装着するのも良いかもしれませんね。

 

この記事は2019年6月9日に書かれた記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました