月の土地を買うと値段はいくら?所有すると不動産価値や税金は?

おすすめサービス

月の土地が買える!

 

『月の土地』が買えるサービスがあるというのをご存知でしょうか?

 

今日は『月の土地』の値段や不動産価値、税金は発生するのかなど詳しく調べてみたいと思います。

 

どうやって『月の土地』を買うの?

『ルナエンバシージャパン』公式ホームページより引用。

 

『月の土地』が日本で買えるサービスがあります。

土地を買うのは簡単じゃないと考える方も多いと思いますが、『月の土地』は調べて見ると意外に簡単に買えるようです。

 

現在日本で『月の土地』を買うことができるサービスを扱っているのは『ルナエンバシージャパン』という会社になります。

なんだか『月の土地』を売っている会社というとちょっと怪しくて胡散臭く感じてしまいますよね。

 

そんな気になる『ルナエンバシージャパン』の公式サイトには以下のようなことが書かれています。

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカルナエンバシー社CEO)同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、いわゆる宇宙条約 しかないことがわかりました。この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。

この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。

これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、『月の土地』を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

『月の土地』は、自分用にはもちろん、贈り物としても喜ばれています。誕生日や結婚、出産祝い、クリスマスやバレンタイン、母の日といったプレゼントとして大変喜ばれています。

 

『ルナエンバシージャパン』の公式サイトより引用。

 

『ルナエンバシージャパン』のホームページによると、『月の土地』は国が所有することは許されていませんが、個人が所有する分には問題ないとされている様です。

つまり個人や企業で『月の土地』を所有するのは法律的には何の問題もないということになります。

法律の穴を付いてはいますが、なんだかちょっとグレーゾーンという気はしますね。

 

ただ『月の土地』を買ったり、所有しているからといって、逮捕されたり不利益が生じるということは絶対にないので安心していいと思います。

 

今の現在簡単に月に行くことは出来ないですが、将来的にもし月に着陸出来ることが当たり前に出来る様になったとしたら、『月の土地』が買えるというコンセプトは面白いですし、ロマンがあると思いますね。

 

『月の土地』の不動産価値や税金は?

 

月とは言えど土地であることは変わりありませんので、不動産としての価値や土地にかかる税金を気にする方もいる様です。

 

まず『月の土地』の不動産としての価値ですが、残念ながら全く価値はないと言っていいと思います。

というかそもそも月の土地の所有権というところも法律や決まりがしっかりとされていないのが現状です。

将来的に月に気軽に行ける様になれば、なんらかの法律や決まりができる可能性はありますが、現在のところその様なものはありませんので、当然不動産としての価値というものも皆無です。

 

続いて『月の土地』にかかる税金ですが、これに関しても法律や決まりがないので当然税金はかかりません。

 

今後こういった『月の土地』等を扱う商売が増えてきた場合には何らかの法律や決まりができる可能性はありますが、そもそも宇宙の星はどの国の所有物でもありませんので法律や決まりを作ることも現状では難しいと思われます。

ただこれから宇宙開発や宇宙旅行がどんどんメジャーで身近になってきた際には色々な取り決め等もできる可能性は十分ありえると思います。ただ数十年先のことになるのではないかと思うので今のところあまり心配しなくても良さそうですね。

 

『月の土地』を販売するのは詐欺になる?

 

『ルナエンバシージャパン』が扱う『月の土地』についてネットでちょっと気になる意見を目にしました。

それはこの『月の土地』販売を詐欺商法なのではないかという意見ですね。

『月の土地』の販売は『ルナエンバシージャパン』の公式サイトにも書いてある通り、法律の盲点を突いたものとなっています。

『月の土地』の所有権を認める法律や決まりごとが正式に存在しない中で、『月の土地』を販売するということ対して、何の保証や権利もないという意見があるのも頷ける気がします。

 

ただ同時に『月の土地』の所有権を認める法律や決まりごとが正式に存在しないということは合法ということにもなり、認められるべきサービスとも言えるのかもしれませんね。

 

『月の土地』に対して、リアルな不動産価値だったり所有権を期待して購入する方にとっては、『月の土地』の所有権を認める法律や決まりごとが正式に存在しない以上詐欺と思われてしまうのは仕方のないことなのかもしれませんね。

 

『月の土地』は購入する人の考えにもよりますが、ある種のジョーク商品の様なモノと捉えればかなりユーモアと夢の溢れる商品だと思います。

不動産として考えるのではなく、記念品や個性的なサービスという目線で考えられる方には是非おすすめしたいですね。

 

『月の土地』の値段はいくら?

『月の土地』がいくらで買えるのかというのは、誰しもが気になるポイントなのではないかと思います。

 

土地となるととても高いイメージがある人はほとんどだと思います。それこそ土地の広さによっては何百万、もしくは何千万もすると連想する人も多いですよね。

 

『ルナエンバシージャパン』で販売している一番お安くてシンプルな商品の『月の土地』であれば、なんと2700円という安さで購入できます。

 

この商品の内容は以下のようになっています。

  • 月の土地権利書/月の憲法/月の地図
  • 月の土地権利書(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)
  • 土地所有権の宣言書コピー(英文)
  • オリジナル封筒

 

2700円というお値段はめちゃくちゃお安いと思いますが、商品の内容としては基本的に紙が数枚入ってるだけです。

 

他にも月の土地権利書がファイリングされているファイルセットや月の土地権利書が飾れるようになっているアルミフレームセット等がラインナップされているので、インテリアとして飾りたい場合や記念品として保管しておきたい方にはこちらのセットをおすすめしたいです。

少し値段は上がりますが、満足感としてはこちらの方が断然上ですね。

『月の土地』の広さはどれくらい?

 

『月の土地』は一番お安くてシンプルな商品だと2700円というかなりリーズナブルにお値段となっています。

となるとかなり土地の広さとしては狭いのではないかと考えてしまいますよね。

 

いくら月に行くことはないと言っても、土地の広さがあまりにも狭いとなるとちょっと寂しいです。

この2700円で買える『月の土地』の広さは『1エーカー』という広さになります。

この1エーカーという広さは分かりやすくいうと約1200坪になります。

 

狭いどころかめちゃくちゃ広い広大な土地ですね。

 

ちなみに調べてみたところ、東京ドームは約14200坪・サッカーコートが約2200坪・オリンピックのプールは400坪くらいとなっていました。

 

サッカーコート半分くらいの広さの土地が2700円で手に入るとかなり凄そうな雰囲気がありますよね。

別に実際そんな広い土地があっても何の役にも立たないと思いますが、『月に1200坪の土地を所有している』だけ聞くとめちゃくちゃ凄い様な感覚はありますね。

 

『月の土地』に注目!

 

実際に不動産価値もありませんし、持っていてもあまり意味がないということで、今回紹介した『月の土地』には良くも悪くも様々な意見があります。

ただ馬山の個人的な意見では、『月の土地』という商品自体はロマン溢れる面白い商品だと思います。

 

あげる相手の性格や価値観にもよりますが、大切な人へのプレゼントとしてぴったりなんじゃないかと思います。

 

子供が産まれた際に記念の贈り物として『月の土地』をプレゼントする。
大切な人への記念日の贈り物としてプレゼントする。

 

その時々の状況で色々な想いを込めてプレゼントすることができますね。

 

是非皆さんも大切な人への贈り物として、『月の土地』をプレゼントしてみてはいかがですか?

ちなみに類似商品で星に名前を付けることができるサービスもあります。

そちらの記事も書いていますので良かったら読んでみてくださいね。

この記事は2019年12月24日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました