インフルエンザに漢方薬の麻黄湯が効果的!予防や初期症状に最適?

おすすめ・注目

インフルエンザの初期症状に漢方薬の麻黄湯!

 

毎年冬になるとインフルエンザが流行しますが、インフルエンザの初期症状等に漢方薬が効くと注目されている様です。

 

今日はインフルエンザや風邪の初期症状に有効と言われている『麻黄湯』という漢方薬について調べてみたいと思います。

 

漢方薬・『麻黄湯』!

漢方薬の『麻黄湯』ですが、読み方は『マオウトウ』と読みます。

呼び方だけ聞くとなかなかインパクトがありますし、どんな漢方薬なのか気になってしまいますね。

 

『麻黄湯』は漢方薬としては比較的に有名なもので、薬局で買うことや病院で処方してもらうことも比較的しやすい漢方薬です。

 

漢方薬というのは複数の生薬を配合することで生成されます。

『麻黄湯』は以下の生薬が配合されている漢方薬となっています。
『麻黄』・・・鼻詰まりや咳を抑える効果がある。有名な葛根湯にも含まれている。
『杏仁』・・・麻黄の補助として作用し、咳や痰の緩和をする効果がある。
『桂枝』・・・体を暖める効果や発汗・発散作用、胃を整える効果がある。葛根湯等にも含まれる。
『甘草』・・・各生薬を緩和・調和する。喉の痛みや咳を抑える効果もある。

 

漢方薬『麻黄湯』は臨床的には以下の様な病気に有効とされています。
インフルエンザの初期症状。
気管支炎。
気管支喘息。
アレルギー性鼻炎。
悪寒。
発熱。
腰痛。
夜尿症。

 

麻黄湯はインフルエンザの治療や予防に有効?

 

麻黄湯が最も有効と言われているのは、高熱が出て急に体調が悪化する風邪やインフルエンザの初期段階です。

 

風邪やインフルエンザの初期段階では寒気がして高熱となり、頭痛があったり場合によっては関節が痛みます。こんな状況や症状に有効で即効性が期待できるのが『麻黄湯』です。

『麻黄湯』を服用することで、体を芯から暖めて発汗を促してくれます。これにより風邪やインフルエンザの初期症状を改善する効果があります。

 

逆に熱はあるけど寒気や関節痛は特にない場合や『麻黄湯』を飲んだ後、体が温まり汗が出て体が温かくなってきたら『麻黄湯』の服用をやめましょう。

上にも書いたように高熱や関節痛に効果を発揮するのが『麻黄湯』になるので、寒気や関節痛がなく、体が温かい状態であれば効果はあまり期待できません。

つまりインフルエンザの初期の熱が上がる時の症状に非常に有効ということが言えそうです。

 

ちなみに『麻黄湯』にはインフルエンザの治療薬として有名な『タミフル』と同じ程度の症状軽減効果があるという研究結果が福岡大学病院の研究チームより発表されていますので、効果の信憑性についても一定の高さはあるのではないかと思われます。

 

さらに『麻黄湯』をおすすめしたい理由として、インフルエンザ治療薬の『タミフル』や『リレンザ』、『イナビル』には下痢や腹痛、吐気等の副作用が起きる可能性がありますが、漢方薬である『麻黄湯』は副作用を起こす可能性がかなり低いのでインフルエンザ治療薬に比べて副作用を気にすることなく、服用することができるという点があります。

 

また『タミフル』や『リレンザ』、『イナビル』といったインフルエンザにかかった時にほとんどの人が服用すると思われるインフルエンザ治療薬との併用も可能な点もおすすめさできるポイントですね。併用することで、より効果的かつ即効性のある治療が可能となります。

 

こういった多くの点からも風邪やインフルエンザの初期症状に対して、漢方薬の『麻黄湯』をおすすめしたいです。

 

ただしあくまでもインフルエンザの初期症状にのみ効果を発揮するだけなので、基本的には『タミフル』や『リレンザ』、『イナビル』といったインフルエンザ治療薬をしっかり服用した上で麻黄湯を併用するのがベストと言えそうです。『麻黄湯』のみでインフルエンザを治療するというのはあまりおすすめできません。

 

続いては『麻黄湯』はインフルエンザの予防対策として有効なのかというところです。

残念ながら『麻黄湯』に直接的なインフルエンザの予防効果はないとされています。なので予防したい場合はワクチンの予防接種やインフルエンザの予防効果が認められている『タミフル』等を服用することをおすすめします。

 

ただ『麻黄湯』には体を温めたり発汗を促す効果があります。

体を温めて全身の血液循環を良くすることで、血の巡りを良くして細菌や異物の処理を担う白血球(リンパ球)の働きが活発になる様にすることができます。これにより、体内に入ってきたインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができると考えられますので、間接的には効果が期待できる可能性はあります。

 

『麻黄湯』を服用する時のメリットとデメリットは?

 

漢方薬・『麻黄湯』のメリットをわかりやすく以下にまとめてみました。
インフルエンザの初期症状に有効。
小児や高齢者にも使用可能。(症状や状態による)
インフルエンザ治療薬と比べて副作用が少ない。
インフルエンザ治療薬との併用も可能。
診察なしで薬局などでも購入が可能。(市販の麻黄湯は病院で処方される麻黄湯よりも生薬の配合量が少ない場合があるので注意。)
薬にありがちな眠気やぼーっとする効果がない。(むしろシャキっとするとされています。)

 

次に漢方薬・『麻黄湯』のデメリットですね。

『麻黄湯』には使用する人の体質によって、向き不向きがあります。

基本的に『麻黄湯』は強めの漢方薬なので、普段は健康体の人(体力があり、冷え症ではない、胃腸の強い人)に向いています。逆に言うと元々風邪をひきやすい・お腹を壊しやすい・冷え症というタイプの人には向かないとされています。

他にも妊娠中の方や高血圧や心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害といった持病を持っている方は悪影響が出る可能性があるので服用の際は注意した方がいいですね。

 

また『麻黄湯』は漢方薬であり、比較的大きな副作用は出にくい薬とされていますが、副作用が全くないわけではないので注意が必要です。

過去のには以下のような副作用が起きたと報告があるようです。

  • 発疹・発赤。
  • 不眠。
  • 異常に汗をかく。
  • 頻脈・動悸。
  • 全身の脱力感。
  • 食欲不振・胃部不快感。
  • 吐き気・嘔吐。
  • 排尿障害。

こういった症状が起きた場合は使用をやめて、医師や病院に相談するようにしましょう。

麻黄湯の値段は?

 

 

漢方薬・『麻黄湯』は市販でも気軽に手に入れることができ、ネット通販や大手ドラッグストアでも簡単に買うことができますね。

 

Amazonでも簡単に手入れることができますし、顆粒タイプや液体タイプなど多くの商品がありますね。

お値段もそれほど高くないので気軽に買って飲むことができると思います。

Amazon | [Amazon限定ブランド]【第2類医薬品】PHARMA CHOICE 葛根湯 葛根湯エキス[顆粒]S 30包 | PHARMA CHOICE(ファーマチョイス) | 漢方薬・生薬
【第2類医薬品】PHARMA CHOICE 葛根湯 葛根湯エキスS 30包が漢方薬・生薬ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | 【第2類医薬品】ツムラ漢方内服液麻黄湯 30mL×3 | ツムラ | 漢方薬・生薬
【第2類医薬品】ツムラ漢方内服液麻黄湯 30mL×3が漢方薬・生薬ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

インフルエンザ治療薬のタミフルは1錠283円となっていて、1日2回5日間の服用だと10錠で2830円になります。ここに診察代や調剤代が加わるので4500円程の値段になります。(地域や病院によって異なります。)

ここにさらにインフルエンザを調べる検査代が5000円~6000円かかるので合計10500円程になります。

保険適応であれば3割負担で3500円くらいになると思いますね。

 

ということで『麻黄湯』はかなり安価であると言えそうですね。

ただ市販の麻黄湯は病院で処方される麻黄湯よりも生薬の配合量が少ない場合がありますので、注意した方がいいかもしれませんね。

 

漢方薬・麻黄湯に注目!!

 

インフルエンザや風邪の初期症状に有効と言われている漢方・『麻黄湯』。

 

インフルエンザや風邪が流行する冬には覚えておきたい漢方薬ですね。

インフルエンザの場合は病院に行くのが基本ではありますが、ちょっと調子が悪いかなと感じたら『麻黄湯』飲んでみるというのも効果的かもしれませんね。

 

皆さんも漢方薬・麻黄湯に注目してみてくださいね。

 

この記事は2020年1月2日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました