UMIDIGI Xのスペックは?有機ELでトリプルレンズカメラ?

おすすめ・注目

UMIDIGI『UMIDIGI X』!

 

今日は『UMIDIGI』のスマートフォン『UMIDIGI X』のスペックを紹介していきます。

 

最新の技術が盛り込まれてるのにも関わらずめちゃくちゃお安くてコスパがとてつもなく良いので、その辺りを詳しく説明していこうと思います。

 

『UMIDIGI』ってどんなメーカー?

 

今回お話していく『UMIDIGI X』を発売しているメーカーは『UMIDIGI(ユミデジ)』というメーカーです。

まだまだスマートフォン好き以外には『UMIDIGI(ユミデジ)』の知名度はまだまだ低いと思いますので、簡単に『UMIDIGI(ユミデジ)』がどんなメーカーなのか紹介していきたいと思います。

 

『UMIDIGI(ユミデジ)』は中国のスマートフォンメーカーとなります。基本的には10000~30000円くらいの低価格スマートフォンを販売しているメーカーとなります。

2018年8月より『Amazon』で公式ショップを開設していて、性能に対してお値段がお安くコスパが良いので、日本でも話題・人気になってきているスマートフォンメーカーです。

 

また『UMIDIGI(ユミデジ)』はスマートフォンだけではなく、様々な周辺機器も発売しています。スマートウォッチやイヤホン等もなかなかコスパの良い商品になっています。

 

当サイトでも『UMIDIGI(ユミデジ)』の製品は取り上げていますので、良かったらそちらの記事も是非とも見てくださいね。

 

『UMIDIGI X』の基本スペック!

それでは『UMIDIGI X』の基本的なスペックについて紹介していきます。

『UMIDIGI X』のスペックを以下に簡単にまとめてみました。

  • CPUはMediaTek Helio P60。
  • RAMは4GB。
  • ストレージは128GB。
  • Android9.0。
  • バッテリー容量は4150mAh。

 

CPUは『MediaTek Helio P60』ということなので、『UMIDIGI X』はミドルレンジのスペックを持つ端末と言えそうですね。ちなみに『MediaTek Helio P60』のAnTuTuスコアは約130000です。

普段の操作や動画視聴などには全く問題ないですし、ちょっとしたゲームも十分遊べそうな性能ですね。ただ最新の3Dゲームや動画処理などをするには性能が足りないので向かないと思われます。

 

RAMは4GB。

4GBということで最近のスマートフォンではギリギリOKな水準かなと思います。とはいえ動画やネット閲覧であれば全く問題ないRAMですね。

CPUところと同様で、最新の3Dゲームや動画処理などをしなければ問題なさそうです。

 

ROMは128GB。

容量としては十分なので不安はないですし、microSDカードに対応しているので、最大256GB追加できるのも嬉しいですね。

 

バッテリー容量は4150mAhとかなりの大容量ですね。

『UMIDIGI(ユミデジ)』のスマートフォンは大容量バッテリーを搭載している端末が多いですね。バッテリー容量が大きいということは電池持ちが良いということに大きく関わってきますので嬉しいポイントですね。

『UMIDIGI X』のディスプレイやサイズ!

続いて『UMIDIGI X』のディスプレイやサイズについて以下にまとめてみました。

  • ディスプレイサイズは6.35インチ。
  • 有機ELディスプレイ。
  • 解像度は1548×720(HD+)。
  • アスペクト比19.5:9。
  • 端末サイズが158.6mm×75.6mm×8.1mm。
  • 重さ202g。
  • 水滴型ノッチ。

 

ディスプレイは6.35インチ有機ELディスプレイですね。

現在主流の大きめなディスプレイサイズです。

 

この端末の魅力の1つだと思われるのが有機ELディスプレイですね。有機ELディスプレイを搭載しているのは各メーカーのフラッグシップ級のモデルが多い中で、ミドルスペックでかなりお安くなっている端末に有機ELディスプレイを搭載してくるのは非常に凄いなと感じます。

 

解像度は『HD+』です。逆に残念なポイントはここなのかなと思います。せっかくの有機ELディスプレイを長所と言い切れなくなってしまっていますね。せっかく有機ELディスプレイなのに解像度は低いというちょっと宝の持ち腐れ的な状況は残念です。

 

ディスプレイサイズが6.35インチなので妥当な大きさですね。ベゼルも狭くて、見た目もスマートですね。バッテリー容量もそこそこ大きいのにも関わらず、厚みもしっかりと抑えられているのは素晴らしいですね。

ただ端末の重量はその分ちょっと重いかもしれませんね。

 

水滴型のノッチがありますが、かなり小さいノッチになっているので画面占有率が狭くなったり、見た目が悪いということはなさそうですね。

 

『UMIDIGI X』のカメラ!

次に『UMIDIGI X』のカメラについて以下にまとめてみました。

  • メインカメラは4800万画素(F値1.79)+800万画素+500万画素のトリプルレンズカメラ。
  • 広角レンズ+超広角レンズ+深度レンズ。
  • インカメラは1600万画素(F値2.0)。

 

『UMIDIGI X』のカメラの特徴は2つあります。

1つ目はトリプルレンズカメラという点ですね。ミドルスペックの端末にも関わらずトリプルレンズという構成になっているのは素晴らしいですね。

特に超広角レンズがあることで近距離でも画角の広い写真が撮れるのは非常に使い勝手が良いです。

 

2つ目は画素数ですね。画素数は4800万画素と800画素と500万画素という構成になっているので、とても高画素ですね。他のメーカーのフラッグシップ級のモデルでもここまでの高画素は少ないので、ここは嬉しいポイントです。

F値も1.79と優秀なので、ある程度暗い所での撮影も問題なさそうです。

 

インカメラも1600万画素となかなかの高画素ですね。アウトカメラ同様にインカメラもAIで自動的に被写体を判別して補正してくれる機能があります。なのでセルフィーや自撮りにも期待できそうです。

 

低価格帯で購入できるミドルスペックの端末にも関わらず、トリプルレンズカメラや4800万画素という高画素のレンズを搭載しているということでカメラスペックはかなり優れていますね。

もちろんレンズの数や画素が多ければ良いという単純な話ではありませんが、ミドルスペックの端末ということを考えるとカメラはなかなか良さそうです。

 

『UMIDIGI X』のその他の仕様!

その他に注目したい仕様としては以下の様なところがありますね。

  • ディスプレイ内蔵型指紋認証センサー。
  • 顔認証。
  • イヤホンジャックあり。
  • 防水・防塵非対応。

 

指紋認証センサーはディスプレイ内蔵型になっています。他のメーカーのフラッグシップモデルでも一部の端末にしか搭載されていないディスプレイ内蔵型指紋認証センサーをミドルスペックモデルで搭載しているというのは他にはないストロングポイントですね。この価格帯で最新の技術を楽しめるのは素晴らしいの一言です。

顔認証システムもしっかりと搭載されているのも好感が持てますね。

 

イヤホンジャックが搭載されているのも特長ですね。最近のフラッグシップモデルだとイヤホンジャックがないモデルも少なくないので、変わらずイヤホンジャックが搭載されているのは嬉しいですね。

 

防水・防塵には非対応となります。ここは大きなマイナス点とも言えるかもしれませんね。やはり防水機能があるとないとでは安心感が違いますよね。

 

『UMIDIGI X』のお値段は?

『UMIDIGI X』は海外では2019年8月に発売されているモデルです。

海外で発売された当初の『UMIDIGI X』の価格は27000円程です。

 

現在は日本でもAmazonで購入可能となっています。

約23000円程で購入可能なのでかなりコスパは良いのではないかと思われますね。

 

『UMIDIGI X』はこんな人におすすめ!

 

『UMIDIGI X』をおすすめしたい人を以下にまとめてみたので気になっている方は参考にしてみてください。

 

有機ELディスプレイが良い人。

2万円台で買えるスマートフォンにも関わらず、有機ELディスプレイを搭載しています。低価格帯で有機ELディスプレイを搭載している端末はあまりないので、有機ELディスプレイにこだわる方にはおすすめです。

ただ解像度がHD+なので、有機ELディスプレイとはいえあまり大きな期待をするのは良くないかもしれませんのでその点は頭に入れて置いた方が良いですね。

 

ディスプレイ内蔵型指紋認証センサーを体感したい人。

ミドルスペックや2万円台のスマートフォンには今までは考えられなかったディスプレイ内蔵型指紋認証センサーを搭載しています。この最新の技術を体感してみたいという方はそれだけでおすすめできる端末ですね。

 

カメラスペックの重視する人。

トリプルレンズカメラで超広角レンズが搭載されていますので、非常に使い勝手が良いカメラになっていそうです。画素もメインレンズが4800万画素とかなり高画素なので、ミドルクラスの端末でもカメラスペックを気にする方にはおすすめできますね。

 

『UMIDIGI X』の対応バンドは?

 

そして最後に対応バンドのお話ですね。

『ドコモ』・『au』・『ソフトバンク』全てのバンドにしっかりと対応しています。

ただ『au』に関してはバンドは対応しているのですが、SIMとの相性によって使えない可能性もある様なので注意が必要です。確認してからの購入をおすすめします。

 

『UMIDIGI X』に注目!

 

今回は『UMIDIGI X』のスペック・性能やカメラについて書いてみました。

 

毎回『UMIDIGI(ユミデジ)』の端末は1つ2つ目玉となる機能や仕様を搭載してくるので、ユーザーからしてもとても分かりやすいですね。

 

今回の『UMIDIGI X』も有機ELディスプレイとディスプレイ内蔵型指紋認証センサー、4800万画素のトリプルレンズカメラと強調できるポイントがしっかりあります。

いずれもなかなかミドルスペックで2万円台のスマートフォンには搭載されないであろう素晴らしい機能や仕様ですね。

これらの機能が気になる方は是非とも『UMIDIGI X』に注目してみてください。

この記事は2019年8月25日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました