PSplusコレクションとは?サービス内容やPSNOWと違いは?

おすすめゲーム
『PS』公式ホームページより引用。

『PlayStation Plus コレクション』!

 

SIEは9月17日に『PlayStation Plus コレクション』を発表しました。

 

今日は『PlayStation Plus コレクション』について色々と書いてみたいと思います。

 

『PlayStation Plus コレクション』が発表!

 

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は9月17日に開かれたイベント『PLAYSTATION5 SHOWCASE』で、新しいサービスである『PlayStation Plus コレクション』を発表しました。

 

この『PlayStation Plus コレクション』は、『PlayStation Plus』に含まれるサービスになるので、『PlayStation Plus』の加入者は誰でも利用することができます。

 

『PlayStation Plus コレクション』は、PlayStation5の発売日である11月12日から利用可能となっています。

『PlayStation Plus コレクション』のサービス内容は?

 

『PlayStation Plus コレクション』のサービス内容がかなり凄まじいことになっています。

 

簡単に言うと『PlayStation4』の有名タイトルを『PlayStation5』にダウンロードしてプレイすることができます。

これが『PlayStation Plus』のサービスの中に含まれているので、追加料金なしで楽しめるようになります。

月額料金は以下のようになっています。

  • 1か月850円。
  • 3か月2150円。
  • 12か月5143円。

Amazonでも3か月と12か月の利用券は購入できますので便利ですね。

Amazon.co.jp: PlayStation Plus 3ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]: ゲーム
Amazon.co.jp: PlayStation Plus 3ヶ月利用権(自動更新あり) : ゲーム

 

となると『PlayStation4』の有名タイトルが何なのかが気になりますね。

タイトル名は以下のようになっています。

  • 『ゴッド・オブ・ウォー
  • 『Bloodborne(ブラッドボーン)』
  • 『モンスターハンター: ワールド』
  • 『ファイナルファンタジーXV』
  • 『Fallout 4』
  • 『Mortal Kombat X』(日本未発売)
  • 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』
  • 『ラチェット&クランク THE GAME』
  • 『Days Gone』
  • 『Until Dawn -惨劇の山荘-』
  • 『Detroit: Become Human』
  • 『バトルフィールド 1』
  • 『inFAMOUS Second Son』
  • 『バットマン:アーカム・ナイト』
  • 『人喰いの大鷲トリコ』
  • 『The Last of Us Remastered』
  • 『ペルソナ5』
  • 『バイオハザード7 レジデント イービル』

以上の18タイトルです。

『Mortal Kombat X』に関しては日本未発売となっているので、日本での『PlayStation Plus コレクション』に含まれるのかわかりませんし、各国で提供されるタイトルは違うとのことです。※2020年10月29日に日本での『PlayStation Plus コレクション』のサービスには『Mortal Kombat X』は含まれないと発表がありました。

ただ普通に考えれば日本では他の17タイトルはおそらく問題なくサービスに含まれると思います。

 

その代わりに日本での『PlayStation Plus コレクション』には以下の2タイトルが追加されることが発表されました。

  • コール オブ デューティ ブラックオプス III ゲーム オブ ザ イヤー + ゾンビクロニクル同梱版
  • クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!

どちらも人気のシリーズですし、『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』なんかは子供も楽しく遊べるタイトルなので、めちゃくちゃ良いラインナップになったと感じますね。

 

パッと見ただけでも豪華過ぎる程のタイトルが並んでいますね。

これが『PlayStation Plus』のサービスの中に追加料金なしで楽しめるようになるとすると、月850円で遊び放題になります。

3ヶ月以上のまとめて支払えばさらに月額料金は安くなりますし、めちゃくちゃお得ですね。

 

『PlayStation Plus コレクション』と『PS NOW』の違いは?

月額料金を払って遊び放題というサービスと言うと、『PlayStation Now(PSnow)』というサービスがあります。

 

『PlayStation Now(PSnow)』はクラウドゲームサービスも含まれています。一部のゲームはダウンロードして遊ぶことも出来ますが、ストリーミングでゲームを楽しむことが出来るのが特徴のサービスです。

月々定額の料金を払うサブスプリクション方式を採用しているのが特徴です。

お値段は以下の通りです。

  • 1カ月1180円。
  • 3カ月2980円。
  • 12カ月6980円。

 

月額定額制だったり、ゲーム遊び放題があるという点では『PlayStation Now(PSnow)』と『PlayStation Plus コレクション』は似ていますね。

 

『PlayStation Now(PSnow)』と『PlayStation Plus コレクション』違いについては以下に簡単にまとめてみました。

  • 『PlayStation Now(PSnow)』はストリーミングでもゲームプレイが可能なので、ゲーム機や高性能のPCがなくてもゲームを遊ぶことができます。(回線の速度は重要)
  • 『PlayStation Plus コレクション』は『PlayStation Plus』のサービスに含まれるので、他にもオンラインマルチプレイやセーブデータお預かり等のサービスがあります。

 

『PlayStation Now(PSnow)』については内容をまとめた記事を書いていますので良かったら読んでください。

『PlayStation Plus コレクション』と『PS NOW』に期待!

 

『PlayStation5』の発売日や価格と一緒に発表された『PlayStation Plus コレクション』。

 

上で紹介した『PlayStation Now(PSnow)』と『PlayStation Plus コレクション』は、『PlayStation5』の未来を左右する可能性があるサービスなんじゃないかと思っています。

 

『PlayStation』のライバルと言えば、まず『Xbox』になります。

そしてその『Xbox』が展開しているサービスに『Xbox Game Pass』があります。

『Xbox Game Pass』は月額定額制でゲーム機やPCで100以上のタイトルが遊び放題になるサービスです。『Microsoft』はこのサービスに力を入れているようで、ストリーミングでゲームを楽しめたり、一部の最新ゲームも発売日から遊び放題になるようにするとしています。

 

『Xbox Game Pass』の対抗するサービスが『PlayStation Now(PSnow)』になりますが、ゲームの質が圧倒的に劣っていると言われていました。

今回の『PlayStation Plus コレクション』の18タイトルはどれも強力なので、やっと『Xbox Game Pass』に対抗する下地はできたのかなと感じています。

 

ただその反面、『PlayStation Now(PSnow)』と『PlayStation Plus コレクション』の違いが曖昧だったり、両方契約すると月額2000円程になってしまったりとなかなか高額になってしまいます。(『Xbox Game Pass』の最上位の『Xbox Game Pass Ultimate』でも月額1100円。)

なのでこの『PlayStation Now(PSnow)』と『PlayStation Plus コレクション』のサービスの整備が必要なのかなと思ったりします。

 

しっかりと整備された上で、これから更にサービスが充実すれば『Xbox Game Pass』を脅かすサービスになるのは間違いなさそうですね。

 

皆さんも『PlayStation Plus コレクション』に期待してみてくださいね。

Amazon.co.jp: PlayStation Plus 3ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]: ゲーム
Amazon.co.jp: PlayStation Plus 3ヶ月利用権(自動更新あり) : ゲーム

 

この記事は2020年9月20日に書かれた記事です。

※2020年10月30日に追記しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました