男目線の色気のある女性の特徴は?話し方や服装や仕草が重要!

独り言・雑記

色気ある女性の特徴!

 

色気のある女性って素敵ですよね!

ただ男性目線の色気ある女性と女性がなりたい色気のある女性にはギャップがあるのではないかと思います。

 

そこで今日は男性目線での色気のある女性を色々と書いていきたいと思います。女性の方は是非参考にしてみてくださいね。

 

男性目線の色気のある女性!

 

男性から見る色気のある女性は女性から見て色気のある女性とはちょっと違うと思います。

男性目線の色気のある女性ということは『モテる女性』とも繋がってくると思います。

 

そして色気のある女性にも色々な要素があると思います。

その中でも重要な3つの要素があります。

その3つは、『会話』・『外見(髪型や服装等)』・『行動』だと考えています。

この3つをバランス良く身に付けることが色気のある女性にもっとも近付ける方法なのではないかと思われます。

 

1つだけずば抜けてるけど後はダメとか、2つはまあまあだけど1つが全くできてないとかではなく、3つをバランス良く兼ね備えているというのがけっこう重要なポイントだと思います。

 

次はその3つ要素それぞれについて馬山なりに解説していきます。

『外見』(髪型や服装など)!

 

まず男性が女性にあった時に見るのは『外見(髪型や服装等)になりますね。

 

まずは『髪型』です!

この髪型や長さが良いと言う明確なものはありませんが、男が色気を感じるポイントは3つあると言われています。

それが『ふんわり感』と『ウェーブ感』、そして『見せないところを見せる』です。

 

男性は基本的に自分にないものを相手に求めます。『ふんわり感』や『ウェーブ感』はまさにそこを抑えたポイントです。

ふんわりとさせて丸みを持たせることで女性らしさを演出ことができます。これはショートヘアやボブの方にはオススメですね。

またウェーブ(ゆるめのパーマ)をつけることで曲線を作ることができます。これはロングヘアの人にオススメですがショートヘアの方も前髪にうまくウェーブ感を出すことで曲線を作り出すことはできますね。

このウェーブ(ゆるめのパーマ)も丸みを持たせることに繋がるところがあるので、同じ様に女性らしさを演出できます。

 

そして最後のポイントは『見せないところを見せる』です。

男性女性関わらず普段見れない場所を見ると言うのはちょっとドキドキすることだと思います。

その心理を利用します。例えばうなじを見せたり、片方の耳を全部出したり、おでこを大胆に出す。これらをやると普段見れないとこが見えてるということで相手はちょっとドキドキを感じると思います。

ただしこのテクニックはいざというタイミングのみ使うのがいいです。例えばお祭りで髪の毛をアップにしてうなじを見せるとか、デートでご飯を食べるときに髪を耳にかけるとかですね。

毎日見せていると『見せないところを見せる』にはなりませんので、このテクニックに関しては、デートやイベントといった時や二人きりの時にやることをおすすめします。

 

男性が色気を感じるかというポイントからすると逆にあまりオススメしないのが、ベリーショートの髪型や前髪パッツンです。男性より明らかに短い髪の毛や前髪はあまり色気や母性を感じないという人が多いと言われています。

 

次に『服装』です。

まず間違ってはいけないのが、露出=色気ではないということです。ここは勘違いしやすいので注意です。

あまりにも露出が激しいと男性は、『軽い女』や『派手で自己主張が強い女』と感じてしまう場合がありますので注意してください。

とはいえ適度に露出した方が色気に繋がりますのでここは難しいところかもしれません。

 

服装でポイントになるのは、『脱いだ時やチラ見せ』と『触りたくなる質感』ということです。

 

例えば冬は普通コート等のアウターを着ると思いますが、室内に入った時には脱ぐと思います。コートの下が意外と薄着だったりすると男性はかなりドキドキすると思います。露出が全くないコート姿からの振り幅で勝負するといいですね。

これは春や秋で1枚羽織ものを着ている時にも使えます。また脱がなくても中が薄着というのがチラ見せできれば同様の効果を期待できると思います。

 

もう1つのポイントが『触りたくなる』ということです。1つは素材が重要です。ふわふわした素材やツルツルした素材は触ってみたい衝動が出ますので重要です。

体のラインを出すというのも有効です。露出がなくても胸のラインが出るニットを着たり、お尻のラインがですタイトスカートを履くととても色気や柔らかな曲線が出るので触りたい衝動を刺激できるはずです。

 

最後に『アクセサリー』です。

服装ではありませんが、外見というところでらアクセサリーなんかも重要だと思います。

男性は揺れるものに注目したり、弱いという特徴があります。なのでピアスに揺れるものを使ったり、ネックレスをしたりするといいです。

その時は髪の毛を耳にかけてピアスを強調したり、首もとをちょっと空けてネックレスを強調するとより色気のある雰囲気を出すことができます。

 

『会話』!

外見を見たあとは実際に会話をするというところになると思います。

会話と書きましたが、『話し方』や『声のトーン』に1番色気は出やすいと考えます。

 

基本的には『話し方』はゆっくりとした速さで、『声のトーン』は落ち着いてなるべく押さえるということです。

早口だったり声が高いとうるさい印象を受けたり、落ち着けないと思います。やはり落ち着いたリラックスできる相手から色気は感じると思います。

笑い方や驚いた時等にとっさにでる声には素が出てしまいがちなので、注意した方が良いです。

 

次に会話の内容です。

どんな会話でも問題はないと思いますが、自分からばかり話すことはしない方がいいと思います。

人はミステリアスなことに興味を抱く習性があります。なので自分から話や話題を出すよりはうまく相手の想像力刺激するような返し方をすると良いですね。

もちろんあまり出し惜しみするのも良くないので、聞かれたら素直に答えましょう。

 

自分の言いたいことの3分の1は心に押し留めておいて相手からの知りたい欲求を刺激すると良いと思います。

 

『行動』!

 

最後に紹介するのは『行動』ですね。

 

ここで大切なことは『仕草』になります。

一番気を付けたいことは、『手の仕草や手のお手入れ』です。

 

昔は色気のある女性の代表格と言えば、舞妓さん等の踊りや舞を踊る人でした。その舞で一番大切なのがしなやかな手の動きです。このしなやかな手の動きを男性は色気として受け取っていました。

 

現在でも手や爪が綺麗というのは、美意識の高さのバロメーターになると思います。

そして見た目だけではなく、物を大切に扱ったり何かをするときに手を添えて行動することで女らしさや色気は増すと考えられますね!

 

最後は『目を見る』ということです。

これは会話という部分にも通じるポイントですが、会話したりする的にきちんと目を見て対応する。ということです。やはり目を見つめられるというはドキドキしますし色気を感じる行動だと思います。

 

ただし注意することとして、見過ぎないということですね。最近の日本ではあまり目を見過ぎてしまうと、相手に威圧感を与えたり失礼にあたる場合があります。よって適度な頻度に抑えていく必要がありますね。

さらに『目を見て』と書きましたが、厳密には直接目を見るよりは眉あたりを見て少し目線を外すといいです。目線を外す時は横ではなく、縦に外すようにしましょう。横に外すと拒否している印象を与える可能性があります。

是非実践してみてくださいね。

 

ここで挙げたポイントはほんの一部だと思いますが、これらができればかなり色気を発揮することができると思います。

 

あくまでも馬山の個人的な考えや好みではありますが、男性目線という点ではなかなか面白いところを突いているんじゃないかと思います。

 

もし良かったら参考にしてみてくださいね。

 

この記事は2020年6月29日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました