i5-12400Fを使って約6万円で自作PCを組む!10万円以内でゲーミングPCも!

おすすめ・注目
スポンサーリンク

『i5-12400F』を使って自作PCを組む!

 

Intelから『i5-12400F』が2022年1月に発売されましたが、かなりコスパが良くて人気を集めているようです。

 

今日は『i5-12400F』を使って、自作PCを組むための構成を考えていきたいと思います。

 

『i5-12400F』がコスパ最強?

 

『i5-12400F』は2022年1月5日にIntelの第12世代のCPUとして発売が開始されました。

価格は最安値で約22500円ですね。
ちなみに『i5-12400F』は内蔵グラフィックが省かれているので、グラボなしだと映像が出力できないので注意が必要です。

 

内蔵グラフィックが搭載されている『i5-12400』は約25000円なので、約2500円程の価格差があることになります。

 

そして肝心の『i5-12400F』の性能は非常に高く、2世代前の『i7‐10700K』や3世代前の『i9‐9900K』よりも上と言われています。

ただ『i5-12400F』は6コア12スレッドとなっていますので、普段使いであれば全く問題ありませんが、いろんな作業をしたい方やマルチタスク性能を重視する方は8コア16スレッドのCPUの方が良いかもしれませんね。

 

上で挙げたCPUの『i7‐10700K』は約38000円、『i9‐9900K』が約48000円、さらにライバルでほぼ同性能の『Ryzen5 5600X』も約40000円となっており、約22500円の『i5-12400F』がコスパではずば抜けていると思います。

 

2022年上半期でコスパの良いPCを組むとすると間違いなくおすすめのCPUが『i5-12400F』かなと感じますね。

 

スポンサーリンク

『i5-12400F』を使った自作PCの構成!

このコスパの最強のCPU『i5-12400F』を使って、自作PCの構成を考えてみました。

今回はコスパ重視でほぼ最安のパーツで構成を考えてみました。

 

  • CPU・・・『i5-12400F』。
Amazon | インテル INTEL CPU Core i5-12400F / 6/12 / 2.5GHz / 6xxChipset / BX8071512400F 【 国内正規流通品 】 | インテル | パソコン・周辺機器 通販
インテル INTEL CPU Core i5-12400F / 6/12 / 2.5GHz / 6xxChipset / BX8071512400F 【 国内正規流通品 】がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

価格は約22500円。

上で説明したように性能が高く、コスパも良いのでおすすめのCPUですね。

今回のテーマから逸れてしまいますが、同じ第12世代のCPU『i3-12100F』も約14000円とお安く、4コア8スレッドではありますが性能もかなり高いと評判なのでおすすめです。予算を最強に抑えたい方はこちらでもありですね。
https://amzn.to/34DSrtH

 

  • マザーボード・・・ASROCK『B660M-HDV』。
Amazon | ASRock マザーボード B660M-HDV Intel B660 シリーズ 第12世代 CPU ( LGA1700 ) 対応 B660M MicroATX マザーボード 【国内正規代理店品】 | ASRock | パソコン・周辺機器 通販
ASRock マザーボード B660M-HDV Intel B660 シリーズ 第12世代 CPU ( LGA1700 ) 対応 B660M MicroATX マザーボード 【国内正規代理店品】がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一...

Intel第12世代CPUのチップセットは『Z690』・『H670』・『B660』・『H610』の4種類になります。

価格が安いのは『H610』となりますが、馬山的に性能と価格のバランスが良いのは『B660』だと感じています。

このASROCK『B660M-HDV』の価格は約15000円です。

ただどうしても価格を少しでも安くしたいという方は『H610』を選ぶのも良いかもしれませんね。『H610』の最安値は約12500円程なので2500円くらいの違いがありますね。

 

  • メモリー・・・Team DDR4 3200Mhz PC4-25600 (8GB×2)。
Amazon.co.jp: Team DDR4 3200Mhz PC4-25600 8GBx2枚(16GBkit) デスクトップ用メモリ Elite Plus シリーズ 日本国内無期限保証 正規品 : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: Team DDR4 3200Mhz PC4-25600 8GBx2枚(16GBkit) デスクトップ用メモリ Elite Plus シリーズ 日本国内無期限保証 正規品 : パソコン・周辺機器

メモリーは『DDR4-3200』で16GBであれば、なんでもいいんじゃないかなと思いますね。

約7000円程で購入できますし、メーカーもメモリーメーカーとして有名な『Team』なので文句ないですね。

もう少し安いモノもあるかもしれませんが、見た目も赤くてカッコイイですし、ゲーミングPCっぽくしたい人にはおすすめですね。

 

  • ストレージ・・・KIOXIA『EXCERIA SSD-CK500N3/N』(500GB)。
Amazon | キオクシア KIOXIA 内蔵SSD 250GB NVMe M.2 Type 2280 PCIe Gen 3.0×4 国産BiCS FLASH搭載 5年保証 EXCERIA SSD-CK250N3/N【国内正規代理店品】 | キオクシア(KIOXIA) | 内蔵SSD 通販
キオクシア KIOXIA 内蔵SSD 250GB NVMe M.2 Type 2280 PCIe Gen 3.0×4 国産BiCS FLASH搭載 5年保証 EXCERIA SSD-CK250N3/N【国内正規代理店品】が内蔵SSDストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は...

ストレージもM.2SSDであれば好きなメーカーや安いモノを選ぶと良いかもしれませんね。

ただゲームをするのであれば、最低でも500GBくらいの容量は必要だと思います。

KIOXIA『EXCERIA SSD-CK500N3/N』は約6000円くらいで購入できるので、お安くておすすめですね。

 

  • 電源ユニット・・・Corsair『CX650M』650W80PLUSBronze認証。
Amazon | Corsair CX650M PC電源ユニット 650W 80PLUS Bronze認証 セミモジュラー ATX 2021モデル CP-9020221-JP PS1126 | CORSAIR | パソコン・周辺機器 通販
Corsair CX650M PC電源ユニット 650W 80PLUS Bronze認証 セミモジュラー ATX 2021モデル CP-9020221-JP PS1126がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

電源ユニットは余裕を持って650Wを選択しましたが、グラフィックボードの選択次第ではもっと容量の少ないモノでも良いと思います。

容量が少なければお値段ももう少しお安くできると思いますが、電源ユニットは余裕を持っておいた方が良いと言われていますので、自分の用途によって考えた方が良いですね。

ちなみにCorsair『CX650M』は約8000円程ですね。

 

  • ケース・・・Thermaltake『Versa H18』。
Amazon | Thermaltake Versa H18 ミニタワー型PCケース CS7097 CA-1J4-00S1WN-00 | Thermaltake | パソコン・周辺機器 通販
Thermaltake Versa H18 ミニタワー型PCケース CS7097 CA-1J4-00S1WN-00がパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

PCケースはダイレクトに見た目に関わるので、自分の好きなケースを購入すると良いですね。

色や中身が見えたり、ゲーミングっぽく光るモノなど色々りますので、ここはある意味予算度外視で好きに選んでもいいと思いますね。

ただなるべく安くケースを購入したいのであれば、Thermaltake『Versa H18』は約3500円程なのでおすすめです。

他にもThermaltake『Versa』シリーズは白いモデルなどもお安くあるので、ぜひチェックしてみてください。
Amazon.co.jp : pcケース Versa

 

ここまででグラフィックボード以外の自作PCの構成は完成です。

馬山の選んだパーツの構成での合計金額は62000円となります。

パーツをもう少し精査したり、最安値のみで揃えることが出来れば約60000~70000円で最新のPCを組むことも可能だと感じますね。

 

最後に考えたいのはグラフィックボードです。

10万円以内での構成と考えると、約30000~40000円なのでかなり選択肢は狭くなってしまいますね。

新品で考えると、30000円以下で購入できる『GTX1650』と『GTX1660』、『RX6500XT』ですね。

玄人志向 NVIDIA GeForce GTX1650搭載 グラフィックボード GDDR6 4GB デュアルファン・補助電源なしモデル GF-GTX1650D6-E4GB/DF3
【チップ】GeForce GTX 1650 【メモリ】GDDR6 4GB (128bitメモリバス) 【コアクロック】 Boost Clock 1,605MHz 【メモリクロック】 12Gbps 【I/F】 PCI-E 3.0 x16 【出力】HDMI *1 / DP *1 / DVI-D *1 【対応】DirectX...
Amazon | 玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1660 搭載 グラフィックボード 6GB デュアルファン GALAKURO GAMINGシリーズ GG-GTX1660-E6GB/DF | 玄人志向 | グラフィックボード 通販
玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1660 搭載 グラフィックボード 6GB デュアルファン GALAKURO GAMINGシリーズ GG-GTX1660-E6GB/DFがグラフィックボードストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | Sapphire PULSE Radeon RX 6500 XT GAMING OC グラフィックスボード 11314-01-20G VD7958 | SAPPHIRE | グラフィックボード 通販
Sapphire PULSE Radeon RX 6500 XT GAMING OC グラフィックスボード 11314-01-20G VD7958がグラフィックボードストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

これらと組み合わせれば、10万円以内でゲーミングPCを組むことが出来そうです。

 

もし中古でも良いという場合には、『GTX1070』あたりの方が高性能かもしれませんね。

 

ただ長くPCを使いたい方やしっかりとゲームを楽しみたい方には、もう少し予算をプラスしてグラフィックボードのグレードを上げるのもありですね。

馬山としてはもう少し頑張って、『RTX3050』や『RTX2060』を狙ってみることをおすすめします。

Amazon | GAINWARD GeForce RTX3050 GHOST 8GB グラフィックスボード NE63050019P1-190AB-G VD7975 | GAINWARD | グラフィックボード 通販
GAINWARD GeForce RTX3050 GHOST 8GB グラフィックスボード NE63050019P1-190AB-G VD7975がグラフィックボードストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | 玄人志向 NVIDIA GeForce RTX2060 搭載 グラフィックボード GDDR6 12GB GALAKURO GAMINGモデル GG-RTX2060-E12GB/DF ブラック | 玄人志向 | グラフィックボード 通販
玄人志向 NVIDIA GeForce RTX2060 搭載 グラフィックボード GDDR6 12GB GALAKURO GAMINGモデル GG-RTX2060-E12GB/DF ブラックがグラフィックボードストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除...

 

2022年上半期にはIntelから新たなグラフィックボードが発売されるという話もありますし、気になる方はそちらを待つのも良いかもしれません。

かなりコスパが良いグラフィックボードになるという噂も出ていますね。

 

このあたりは自分の予算と使用用途によって自分で構成を決めることをおすすめします。

スポンサーリンク

 

『i5-12400F』を使って自作PCを組む!

 

今日は『i5-12400F』を使って、自作PCを組むための構成を考えてみました。

 

今回考えた構成だと『i5-12400F』を使って、約60000円で自作PCを組むことができそうですね。

 

さらにグラフィックボードもしっかりと選べば、10万円以内である程度ゲームをしっかり遊べる格安のゲーミングPCを組むことができそうですね。

馬山としてはなるべく妥協しないでパーツを選ぶことで、後悔しない自作PCが作れると思います。

 

皆さんも気になった方は、是非『i5-12400F』を使って自作PCを組んでみてくださいね。

 

この記事は2022年2月6日に書かれた記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました