スチーム式加湿器は加湿性能が1番でおすすめ!デメリットや電気代は?

おすすめ・注目
スポンサーリンク

スチーム式加湿器が1番おすすめ!

 

冬になると乾燥が気になる方は多いと思います。

 

今日は加湿器の中でも加湿性能が1番と言われているスチーム式加湿器に絞って、おすすめのモデルやメリットとデメリット、電気代も書いていきたいと思います。

 

スチーム式加湿器とは?

 

初めにスチーム式加湿器について簡単に説明していきたいと思います。

 

現在販売されている加湿器は大きく分けて、以下の4つの方式に分かれています。

  • 超音波式。
  • スチーム式(加熱式)。
  • ハイブリッド式(加熱気化式)。
  • 気化式。

 

つまりスチーム式加湿器というのは、加湿器の方式の4つの中の1つということになります。

 

スチーム式加湿器は加熱式とも呼ばれていて、お湯を沸かして蒸気を出す感覚に近い方法ですね。

仕組みとしては、ヒーターで水を加熱して沸騰、蒸発させて、その湯気をファンで空気中に放出して加湿していきます。

 

お湯を沸かしてる時の蒸気やお風呂の湯気で、加湿していくようなものだと思うとわかりやすいですね。

 

ハイブリット式加湿器は安価なモデルもあり、手軽だと思います。加熱式と超音波式の中間的な仕組みなのでこちらもおすすめではありますね。

ただデメリットもけっこうあるので注意しましょう。

ハイブリット式ではこちらのモデルなんかおすすめです。良かったらチェックしてみてください。

 

スチーム式加湿器のメリットとデメリット!

 

続いてスチーム式加湿器のメリットとデメリットについて説明していきたいと思います。

 

まずスチーム式加湿器のメリットは以下の様になっています。

 

  • 加湿機能が高い・・・水蒸気で加湿していくので加湿性能が高いです。上でも説明した4つの加湿性能の中でも1番加湿性能が高い方式ですね。とにかく乾燥を解消したいというのであれば、スチーム式加湿器が1番ベストです。

サーキュレーターなどを使って部屋の空気を循環してあげるとより効率的に加湿することが出来ますので、サーキュレーターも使うことをおすすめですね。

 

  • 雑菌が発生しにくい・・・100℃以上の温度で水を加熱し沸騰させるため、水が煮沸消毒されます。そのため雑菌を含まない綺麗な蒸気で加湿することができます。

 

  • 部屋の温度が下がりにくい・・・加熱された暖かい蒸気が放出されるので、部屋の温度が暖かく保たれます。加湿器は主に冬場に使うことが多いと思うので、寒い場所で使用する時には嬉しいですね。

 

次にスチーム式加湿器のデメリットは以下の様になっています。

 

  • 電気代が高い・・・水を100℃以上に加熱しなければならないため、かなりの電力が必要です。わかりやすくいうと常にポットでお湯を沸かしているような形ですね。

ちなみに一般的なスチーム式加湿器は消費電力が約300Wとなっているので、1時間で約7円の電気代となります。

もし1日中スチーム式加湿器をつけていたとすると、1日168円。1か月だと5040円にもなります。さすがにずっとはつけないとしても、1日12時間で2570円ということになるので、まあまあ高額になってしまいますね。

 

  • 吹き出し口付近が熱くなる・・・加熱された蒸気が放出されるので、吹き出し口が熱くなってしまいます。なので小さなお子様がいる方などは火傷の危険もあるので、置き場所に工夫が必要になってくると思います。

 

スポンサーリンク

スチーム式加湿器のおすすめモデルは?

では本題のスチーム式加湿器のおすすめモデルを紹介していきたいと思います。

 

象印『EE-RQ50-WA』!

象印 加湿器 3.0L 木造和室8畳・プレハブ洋室13畳対応 スチーム式 蒸気式 フィルター不要 お手入れ簡単 自動加湿2段階 入タイマー&切タイマー搭載 ホワイト EE-RQ50-WA
清潔な蒸気のスチーム式 お手入れ簡単「フィルター不要」&「広口容器」 トリプル安心設計「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」 デュアルセンサーが湿度を自動コントロール「自動加湿3段階」 お部屋の状態が分かる「湿度モニター」 就寝時に便利 「入、切デュアルタイマー」 沸とう音を軽減する「湯沸かし音セ...

スチーム式加湿器は電気ポットと同じような仕組みになっているので、電気ポットで有名な象印はスチーム式加湿器でも有名なメーカーになっています。

部屋の広さを考えて容量を選べるので、自分の用途に合わせて選ぶといいですね。

お値段は約15000円とお高めではありますが、スチーム式加湿器といえば象印のモデルを購入するとハズレはないと思います。

 

三菱重工『SHE60SD-W』!

三菱重工 加湿器 スチームファン 蒸発式 roomist (木造和室10畳まで/プレハブ洋室17畳まで) ピュアホワイト SHE60SD-W
水も、空気も、キレイ。やさしい潤い、スチームファン蒸発式。 省エネ、安全、クリーンで、お手入れ簡単な“スチームファン蒸発式"。 イオンフィルターとBIOフィルターの効果で、水も空気もキレイなうるおいをお届けします。 デジタル湿度表示やタイマーなど機能も充実しています。 ■【吸い上げた水だけを加熱するから安全で省エネ】 ...

メーカーは大手メーカーである三菱重工なので、安心感はしっかりとしたモデルですね。

様々な機能も充実しているので、使い勝手もかなり良いと思います。

お値段は約17000円とやや高めですが、十分その価値はある高性能・多機能ですね。

 

山善『KS-J242』!

[山善] 加湿器 加熱式 スチーム式 上部給水方式 (最大加湿 500ml) (タンク容量 2.4L) (木造~8.5畳 / プレハブ洋室~14畳) ホワイト KS-J242(W)
●お部屋の空気を潤すスチーム式加湿器。 ●連続使用時間:パワフル約5h標準約8h。 ●上から注げる簡単給水タイプ。 ●寒い季節の乾燥対策に最適。 ●お肌やのどの乾燥を和らげるのに役立つ。 ●保証期間:お買い上げ日より1年。(保証の範囲については、取扱説明書をご確認ください。(一般家庭用以外(業務用など)に使用された場合...

続いては山善というメーカーのスチーム式加湿器ですね。

山善は大手家電メーカーではありませんが、格安でコスパの良い家電を多く販売しているメーカーです。

このスチーム式加湿器もお値段は約7000円とかなりリーズナブルですし、しっかり部屋に合わせて容量を選べるようにモデルのバリエーションも揃っています。

なるべくコスパの良いモデルを探している方にはおすすめですね。

 

アイリスオーヤマ『SHM-260R1-W』!

アイリスオーヤマ 加湿器 加熱式加湿器 ホワイト SHM-260R1-W
「コンパクト×清潔加湿」加熱式加湿器。 ◆室内の湿度を最適にコントロール 空気中に勢いよく蒸気を放出します。 ◆従来品よりタンク容量が約30%アップ。 より長時間の加湿が可能になりました。 連続加湿時間1.9L→2.4L タンク容量約7時間→約9時間 コンパクトな印象はそのままに、さらにパワフルに使い勝手がよくなりまし...

コスパの良い家電メーカーと言えばアイリスオーヤマだと思います。

イメージ通りで価格も約3000円とかなり安いモデルとなっています。

見た目もちょっとチープですが、価格を抑えたい方やシンプルな使い方しかしないので多機能は必要ないという方にはピッタリなモデルだと思います。

 

スポンサーリンク

スチーム式加湿器が1番おすすめで注目!

 

今日は加湿器の中でも加湿性能が1番と言われているスチーム式加湿器に絞って、おすすめのモデルやメリットとデメリット、電気代も書いてみました。

 

とにかくスチーム式加湿器の1番のおすすめポイントは加湿性能が1番高いというところですね。

加湿器というくらいなので、やはり加湿性能がしっかりしているのが1番大切だと思います。

 

デメリットの電気代も、タイマー機能などをうまく使うことが出来ればつけっぱなしにしなくてもある程度適切に使うことが出来て、電気代も抑えることが出来るんじゃないかと感じます。

 

それを考えると多機能でタイマー機能もしっかり備えている象印『EE-RQ50-WA』はとても使いやすいモデルだと思います。

もし迷った場合にはこちらのモデルを馬山としては特におすすめしたいですね。

売れ筋な商品でもありますし、買って損はないんじゃないかなと思います。

象印 加湿器 3.0L 木造和室8畳・プレハブ洋室13畳対応 スチーム式 蒸気式 フィルター不要 お手入れ簡単 自動加湿2段階 入タイマー&切タイマー搭載 ホワイト EE-RQ50-WA
清潔な蒸気のスチーム式 お手入れ簡単「フィルター不要」&「広口容器」 トリプル安心設計「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」 デュアルセンサーが湿度を自動コントロール「自動加湿3段階」 お部屋の状態が分かる「湿度モニター」 就寝時に便利 「入、切デュアルタイマー」 沸とう音を軽減する「湯沸かし音セ...

 

皆さんもぜひ加湿性能の高いスチーム式加湿器に注目してみてくださいね。

 

この記事は2022年2月8日に書かれた記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました