過走行車のプリウスの買取価格はいくら?高く売るためには?

独り言・雑記

過走行車のプリウスの買取価格!

 

先日馬山は10年間乗った愛車・プリウスを乗り換えることになりました。

今日は過走行車で10年落ちの30プリウスが実際にいくらで買取してもらえたのかや買取までの過程なんかをリアルに書いてみたいと思います。

 

10年落ちの過走行車のプリウス!

 

馬山は仕事の関係上、車移動がとても多いです。

1日100~150km。

1か月で2000~2500km。

1年で20000~25000km。

これくらい走っていました。

 

その結果が10年落ちのプリウスの総走行距離は約28万kmの超過走行車になっていました。

 

車のグレード自体はそれなりに良いモノですし、内装も1人で移動することがほとんどのため運転席以外はとても綺麗でしたが、さすがに総走行距離が長すぎることや大きな傷はないですが飛び石などで細かな傷がある外装がネックかなと感じていました。

 

大手中古車販売店での買取価格の査定結果!

 

まず最初に大手中古車販売店で買取価格を査定してもらいました。

 

大手中古車販売店の名前は一応伏せておきますが、CMも放送しているA社と東海地方に本拠地があるB社の2つの大手中古車販売店で買取価格の査定してもらいました。

 

A社・・・基本的には0円。走行距離が多く、車に価値はない。うちで車を購入して下取だとしても0円。
B社・・・基本的に0円。車を購入して下取りするなら2~3万程度。

 

A社では簡易的な査定ではありましたが、完全に0円査定でした。

B社では自社で車を購入してくれるのであれば、2~3万なら頑張れますという内容。

 

どちらも比較的冷たいというか塩対応でしたね。

ただ自分でも愛着があるとは言え、28万km走っている車ではあるのでまあ金額が付くならラッキーなのかなと感じていました。

 

廃車大手買取店の電話での査定結果!

 

続いては廃車になる様な車でも買取しますよとうたっている廃車大手買取店に電話で査定を頼んでみました。

 

電話での査定依頼だったので簡単な車の情報を伝えての簡易的な査定になります。

  • 車の年式。
  • 車の型式。
  • 車の色。
  • 走行距離。
  • 外装内装の傷や状態。

以上の様なことを簡単ではありますが、やりとりしました。

車検証が手元にあると比較的スムーズにやりとりできると思います。

 

そして査定結果が6万円。

すぐに買取依頼をしてくれるならプラス1万5千円で、7万5千円とのお話も貰いました。

 

馬山的にはかなり驚きの結果でした。

最初の大手中古車販売店での査定の対応がかなり冷たかったので、この査定額は嬉しかったです。

ただこの時点では、具体的に次の車を乗り出す時期が決まってなかったので保留することにしました。

 

ディーラー(認定中古車)での下取り価格!

 

続いては次に乗る車を探しにディーラー(認定中古車)に行ってみました。

 

そこで次に乗る車を探しながら、下取りの査定をしてもらいました。

 

廃車大手買取店に電話で査定をお願いして7万5千円と言われたことを伝えるとあっさりとうちで購入するなら同じ7万5千円で下取りしますよと言ってもらいました。

 

ただこのお店では次に乗りたいと思える車がなかったため、残念ながら下取りのお話もなくなりました。

 

地元で評判の廃車買取店での査定結果!

 

続いて地元で非常に評判の廃車買取店で査定してもらうことにしました。

ネットで調べたところ、とても評価が高くそこの店長さんの評判がとても良かったため、とりあえず電話で査定してもらうことにしました。

 

廃車大手買取店に電話で査定を頼んだ時とほぼ同様に以下のような内容を伝えました。

  • 車の年式。
  • 車の型式。
  • 車の色。
  • 走行距離。
  • 外装内装の傷や状態。

 

すると査定結果は・・・12万円とのこと。

特に何も交渉もしていませんが、あっさりとこれまでの査定価格を大きく上回る結果となりました。

 

12万あれば車のグレードも1つ上が狙えますし、ナビをグレードアップしたり、様々なオプションを付ける選択肢もできますね。

店長さんもとても丁寧な方だったので、ここに買取をお願いするのはありだなと素直に感じました。

 

再度ディーラー(認定中古車)での下取り価格!

 

12万という査定結果はとても嬉しかったし、その金額を資金に上乗せできると計画して、次に乗る車を改めて探しに行きました。

 

最初に行ったディーラー(認定中古車)とは違う系列のディーラー(認定中古車)に車を探しに行ったときに次に乗りたいと思える車を発見しました。

 

そこで車を買う商談に入り、当然の流れで『下取りはどうしますか』と言われました。

馬山的には12万を超える査定結果は無理だろうなと感じていたため、他のところで12万で買取してくれる予定になっていますと正直に答えました。

 

すると念の為にうちでも査定させてくれませんかとのこと。

そして査定してもらった結果、13万5千円で下取りしますとのお言葉がを頂きました。

 

車をそこで購入する予定だったので受け渡しもスムーズですし、金額もこれまでで1番高かったのでそこで下取りしてもらうことを決めました。

 

最終的に買い取ってもらった価格は13万5千円という金額になりました。

 

買取・下取りは色々なところで査定してもらうと高く売れるかも!

 

今日は過走行車で10年落ちの30プリウスが実際にいくらで買取してもらえたのかや買取までの過程なんかをリアルに書いてみました。

 

総走行距離が28万km、10年落ちのプリウスということでほとんど値段が付かないだろうなと考えていましたが、最終的には13万5千円という買取価格を提示してもらうことができました。

 

査定価格の変化を簡単に書いてみると以下の様になります。

  • 0円(2~3万)→6万(7.5万)→7.5万→12万→13.5万。

 

多少の労力と時間はかかりましたが0円から13.5万円まで買取価格がアップしたので、馬山的には満足しています。

もちろんもっと上の買取価格も狙えるのかもしれませんが、十分な結果だったと考えています。

 

今回は買取価格が比較的安定していたり、ハイブリット車ということで部品取りなどもしやすいプリウスだったので過走行車でも買取してもらいやすかったのかもしれません。

 

よく言われる話ですが最低でも2~3社くらいの買取査定はしてもらった方が、より高く買取してもらえるのは間違いないと思います。

少しでも買取価格を上げたいという方は是非何社か査定してもらうと良さそうですね。

 

もし良かったら私はこんな車でこのくらいで買取してもらったよみたいなコメントしてもらえると嬉しいです。

 

この記事は2021年11月3日に書かれた記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました