3万円以下で買える格安プロジェクター!おすすめ4選!

おすすめ・注目

3万円以下で買える格安プロジェクター!

 

今日は馬山がおすすめする格安プロジェクターのお話をしていきます。

プロジェクターというと高額なイメージがありますが、最近では格安なプロジェクターも多く発売されています。その中でも3万円以下で買えるモデルに絞って紹介していきたいと思います。

 

格安プロジェクター選びの重要なポイントは?

 

基本的にプロジェクターと言えば高額な商品になります。10万を超えるのは当たり前で、本当に高品質のプロジェクターになると100万近くする商品もありますね。

 

そんな中、近年1万~3万円くらいで購入できる格安プロジェクターが注目を集めています。

お値段がお安くなっているということは簡単に言えば性能が抑えられていたり最小限の機能になっていたりしているので、その商品のポイントをしっかりと見極めることが必要ですね。

 

しっかりとポイントを知っておけば、3万円以下で買えるプロジェクターでも十分満足できる商品もあるのでチェックしていきたいと思います。

 

 格安プロジェクターの選び方!

 

それではここから格安プロジェクターを選ぶときに重要なポイントを紹介していきます。

 

明るさの単位であるlm(ルーメン)。

プロジェクターの重要な要素として明るさがあります。そしてその明るさを表す単位がlm(ルーメン)になります。

通常プロジェクターは暗い場所で使いますが、このlm(ルーメン)が大きいほど見やすくなりますし多少明るい場所でも画面が鮮明に映ります。

完全な暗室を作れるのであれば1000ルーメン程度でも大丈夫ですが、多少光が入ってしまったり間接照明程度の明かりを付けて使用するのであれば2000ルーメン以上は欲しいところかもしれません。

 

解像度。

続いては解像度になります。この解像度は画像がどれだけ綺麗で鮮明かというところに影響してきます。要するに画像の決め細やかさを表したモノです。

現在テレビやパソコン等で一般的になのがフルハイビジョン(FHD)というものですが、このフルハイビジョン(FHD)は1920×1080という解像度ですね。ただ残念ながら格安プロジェクターでこのフルハイビジョン(FHD)の解像度を出力できる商品は限られてしまいます。

この解像度は数値が大きい方が優秀と考えて良いです。2万円以下の格安プロジェクターだと『800×480』や『1280×720』といった解像度が多いと思います。2万円以上になると解像度が『1920×1080』という高解像度の機種も出てきますね。

映像を見るのであればある程度の画像の粗さは気にならないかもしれませんが、文字や細かいところまでみたいという場合は解像度が高いことを優先すると良いですね。

製品の紹介ページにフルハイビジョン(FHD)に対応という言葉がありますが、これはあくまでもフルハイビジョン(FHD)の映像が入力できるという話なので、重要になってくるのは出力できる解像度(ネイティブ解像度)と呼ばれるモノになります。ちょっと分かりにくいですが気を付けましょう。

 

コントラスト比。

コントラスト比は明るい部分と暗い部分の差を表した値ですね。

このコントラスト比が大きいほど明暗がくっきりするので鮮明な映像が楽しめることになります。より色鮮やかな画面が見たい場合や薄暗い場面が多い映画等はこのコントラスト比が大きい方が楽しめるかもしれません。

2万円以下の格安プロジェクターでは2000~3000:1以上だと高性能と言えそうですね。

 

サイズや重量。

どのような用途で使うかによりますが、サイズや重量もポイントですね。

家の中で使用する分にはあまり気にならないかもしれませんが、外に持ち出したいという人はここは重要視したいですね。キャンプ等の余興として使いたい方もいるかもしれませんのでサイズや重量は小さい方がいいですね。

ただやはり小型やポータブルの機種になると、ただでさえ性能が抑えられて作られている格安プロジェクターなのでかなり厳しい性能になるというのは覚えておいた方が良いです。

 

有線接続と無線接続。

基本的には格安プロジェクターということで有線接続で出力することになりますが、Bluetoothを使った無線接続をすることができる機種もあります。

ただBluetooth接続がある機種はその分性能面で抑えられている可能性もあるので、どこを重要視するかもポイントですね。

 

以上の5つが格安プロジェクターを探す上では重要なポイントかと考えています。

 

3万円以下で買えるおすすめ格安プロジェクター!

 

馬山的おすすめ格安プロジェクター!

 

まずは2~3万円で購入ができる格安プロジェクターですね。

なんと言っても解像度が『1920×1080』のフルハイビジョンというのが凄いですね。さらにコントラスト比は5000:1なので映像はかなり綺麗で文句なしだと思います。格安プロジェクターだけどとにかく綺麗な映像を見たい方にはぴったりです。

明るさも4500lm(ルーメン)とかなり高輝度なので多少明るい室内でも問題なく使用できますね。

難点は大型で重量も約3㎏というサイズ感。ただ家でホームシアターを楽しむ目的であれば許容範囲かと思います。

 

続いて1~2万円で購入ができる格安プロジェクターですね。

こちらの解像度は『1280×800』とワンランク下がります。ただ大画面で映画を楽しみたい、ゲームを大画面でしてみたいというのであれば十分許容出来る画質はありますね。

その分コントラスト比は10000:1というこの価格帯では考えられないレベルの高コントラスト比なので綺麗な映像は期待出来ると思います。

明るさも3500lm(ルーメン)と多少明るい室内でも使用できると思います。

解像度こそまあまあのレベルですが、コントラスト比や明るさは優秀なので格安プロジェクターとしては素晴らしい出来の製品だと感じますね。

こちらもサイズはまずまず大きいので家庭で据え置きで使うのが良さそうですね。

 

実はこの機種は馬山も購入した機種になります。

こちらの解像度も『1280×800』ですが、普通に映画やゲームをする分にはほぼ気にならないレベルの映像ですね。

コントラスト比は3000:1とまずまずですが、明るさは4000lm(ルーメン)とかなり明るいのが特徴です。

この性能であれば格安プロジェクターとしては十分に満足できると思われますね。

 

続いて1万円以下で購入ができる格安プロジェクターですね。

この価格帯になると解像度は更に落ちて『800×480』となります。やや映像の粗さが気になるかもしれません。

コントラスト比は2000:1、明るさは2400lm(ルーメン)なのでこの価格帯ではなかなかの高性能です。

更にこの製品は無線接続が可能となっているのも素晴らしいポイントで、この価格で考えると破格ですし、使用方法によっては非常にコスパの良い製品と言えそうですね。

 

格安プロジェクターはおすすめ!

 

数年前は10万以上した性能のプロジェクターが1~3万で購入できるということで、大画面で映画やゲームで楽しみたいという方には格安プロジェクターはめちゃくちゃおすすめですね。

 

予算と使用用途に応じて、自分に合った格安プロジェクターを選ぶと良いですね。

気になる方は是非とも購入を検討してみてくださいね。

 

この記事は2019年4月30日に書かれた記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました