2019年NHKマイルカップ予想!本命か大穴か?

予想

2019年NHKマイルカップ

 

2019年5月5日に東京競馬場で、G1・NHKマイルカップ(芝1600m)が行われます。

今日はこのG1・NHKマイルカップの馬山的競馬予想をしていきたいと思います!

 

 2019年NHKマイルカップの枠順は?

 

2019年NHKマイルカップの枠順は以下のように決まりました。

 

1枠1番クリノガウディー   藤岡佑介騎手
1枠2番プールヴィル     秋山真一郎騎手
2枠3番ダノンチェイサー   川田将雅騎手
2枠4番イベリス       浜中俊騎手
3枠5番マイネルフラップ   松岡正海騎手
3枠6番グルーヴィット    D.レーン騎手
4枠7番グランアレグリア   C.ルメール騎手
4枠8番ヴァルディゼール   北村友一騎手
5枠9番ミッキーブラック   岩田康誠騎手
5枠10番カテドラル     B.アヴドゥラ騎手
6枠11番ロードグラディオ  大野拓弥騎手
6枠12番ワイドファラオ   内田博幸騎手
7枠13番ファンタジスト   武豊騎手
7枠14番ハッピーアワー   吉田隼人騎手
7枠15番ヴィッテルスバッハ 戸崎圭太騎手
8枠16番トオヤリトセイト  福永祐一騎手
8枠17番アドマイヤマーズ  M.デムーロ騎手
8枠18番ケイデンスコール  石橋脩騎手

 

2019年NHKマイルカップの予想!

 

それではここからはNHKマイルカップの馬山的予想をしていきたいと思います。

 

 枠順の有利不利!

 

まず枠順ですが、東京競馬場のマイルコースということで内外で特に有利不利はなさそうですね。前に行きたい馬は内に、後ろから行く馬は外というのが理想かもしれませんね。

 

そういった点で考えると2番人気が予想されるアドマイヤマーズは先行したいタイプなのにも関わらず8枠17番に入ってしまったのはちょっとマイナスかもしれませんね。

圧倒的な1番人気が予想されるグランアレグリアは桜花賞時が4枠8番、今回は4枠7番なので並びだけで考えると問題ない位置に入ったと言えそうです。

 

 脚質の有利不利!

 

東京競馬場のマイルコースというと直線も長くて差し馬が有利というイメージもありますが、NHKマイルカップは前に行った馬もなかなか健闘しているので脚質による有利不利はそこまでなさそうです。

 

ただこの春になって芝の状態も良いので、例年時計も早くなりがちなレースでもあります。持ち時計がある馬や上がりをしっかりと使える馬を選ぶことは必要かもしれません。

 

あとは土曜日に降った雨がどれだけ馬場に影響を及ぼすかがポイントになりそうですね。日曜日は晴れるのでそこまで影響はないと思いますが、雹も降るほどの異常な大雨が東京競馬場でも降ったようなので日曜日の馬場や時計というのは1つカギになるかもしれません。

 

 ローテーションや臨戦過程!

 

ローテーションや臨戦過程も重要なファクターとはなりますが、2019年は桜花賞のグランアレグリア・皐月賞のサートゥルナーリア・天皇賞(春)のフィエールマンといずれも4カ月近くの間隔を空けてぶっつけで勝利しています。実力があればローテーションはさほど気にしなくてもいいのかもしれません。しかしながら条件としてノーザンファーム生産馬で『しがらき』や『天栄』でちょうせいしてきた馬に限るというのはありそうです。

 

ちなみに過去の勝ち馬はニュージーランドTや桜花賞、アーリントンカップの1600mのレース、そしてそれ以上の距離の毎日杯や皐月賞から出ています。

前走オープン特別だった場合は頭までは厳しく、あっても2・3着まで。前走が自己条件戦だった馬に関しては全く用なしと言える結果となっています。

 

前走の着順!

 

前走の着順も気になるところですね。

前走が重賞の場合は掲示板に載っている馬が良さそうですね。

前走オープン特別だと1着じゃないと厳しそうですね。仮に1着じゃないとしても前走1番人気に支持されていて着順は掲示板に最低でも載っていないとダメだと思います。

 

馬山的最終予想!

 

ここからは2019年NHKマイルカップの馬山的最終予想のまとめに入っていきたいと思います。

 

やはり本命はグランアレグリアでしょう。

前走桜花賞はレコードでの圧勝劇。東京コースでも2歳時に新馬戦とサウジアラビアロイヤルカップで好タイムで勝っているので、コースや距離に心配はなさそうです。

過去には前走桜花賞上位組であるラインクラフトやメジャーエンブレム、アエロリットが勝利しているようにグランアレグリアの実績やローテーション的にもここでも本命に推したいと思います。

不安点をあげるとすると土曜日に降った雨で馬場が悪化していないかという点。高速決着の方がグランアレグリアにとっては都合が良さそうなので日曜日の馬場や時計には注意です。

もう1つの不安点はレース展開ですね。唯一の敗戦である朝日杯フューチュリティステークスでは最終コーナーで外からアドマイヤマーズに被せられてちょっと怯んでしまった様なレースでした。その時も3着は死守したのでここでも大崩れはないでしょうが馬群に包まれたりすると脆さが出てしまう可能性もあるかもしれません。

 

続いてはここからは相手候補ですね。

まずダノンチェイサー。前走きさらぎ賞は完勝でした。2着タガノディアマンテは皐月賞6着、3着ランスオブプラーナは毎日杯勝ち、5着メイショウテンゲンは弥生賞勝ちとメンバーもまずまずのレベルだったように思えますし、地力が足りないということはなさそうですね。ダービーを視野に入れているようですが、皐月賞をパスしてここに出走してきているということはここが狙いなのは間違いない様な気がしますね。

騎手が川田騎手というのも心強いですし、ダービーではヴェロックスというお手馬もいますのでここに全力投球してきそうです。前目から行って直線でも良い脚を使ってくれそうですね。

 

次にグルーヴィット。ダートで連勝してきて、前走は初の芝のレースでファルコンSで2着してきました。前走は外目を回って上がり2位の脚を使っていたことを考えても1600は問題ないと思いますし、血統的にも1600は問題ないと見ます。

ファルコンSからのローテーションがちょっと心配なところもありますが、まだまだ底が見えないですし上積みがあればここでも通用しても良いかもしれません。

 

ヴィッテルスバッハ。前走NZTでは出遅れながらも上がり最速で3着。2走前も東京競馬場で32秒台の脚を使っていて末脚はかなり強烈ですね。

人気をあまり背負わない戸崎騎手はそこそこ信頼できますし、ここでも中団でしっかり脚を溜められれば直線弾ける可能性もありそうです。

 

ここからはちょっと人気薄。

まずクリノガウディー。全然人気ないですが、朝日杯フューチュリティステークス2着とグランアレグリアに先着していますし、その時と同じ最内枠。インでうまく立ち回ることが出来れば直線でちょい差ししてくれれば3着くらいに顔を出すこともありそう。

 

プールヴィル。こちらも人気ありませんが、阪神ジュベナイルフィリーズ5着、桜花賞6着ですし持ち時計も1分33秒3となかなか。今年4走目なので状態は気になりますし、東京コースの適正に疑問がありますがこの人気なら面白い様な気もします。

 

ファンタジスト。前走皐月賞は明らかに距離が長かった印象。朝日杯フューチュリティステークス4着やスプリングS2着であればマイルなら勝負出来そう。競馬も上手い馬に武豊騎手なら前に行っても控えても良さそうですし、展開にも左右されなそう。ただパンチ不足は否めないので3着ならあるかと考えてます。

 

そして最後に抑えとしてアドマイヤマーズ。朝日杯フューチュリティステークスの覇者ですが、共同通信杯2着・皐月賞4着と着順が落ちているのは気になります。鞍上のデムーロ騎手の重賞での不調等もちょっと気になります。枠もちょっと外に入ってしまったので、そこもちょっと心配です。

ただ馬の能力は疑いようがないので抑えとして買いたいですね。

 

馬山的の買い目!

 

グランアレグリアを軸にしての3連複で行きます。

 

1列目にグランアレグリア。

2列目にダノンチェイサー。グルーヴィット。ヴィッテルスバッハ。

3列目にダノンチェイサー。グルーヴィット。ヴィッテルスバッハ。クリノガウディー。プールヴィル。ファンタジスト。アドマイヤマーズ。

以上15点でいきます。

 

グランアレグリア、アドマイヤマーズ、ダノンチェイサーで決まるとガミりますので金額調整はしたいですね。

 

この記事は2019年5月5日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました