2020年新型『FireHD8』と旧型の違い!plusもおすすめ!

おすすめサービス

2020年新型『FireHD8』!

 

今日はAmazonから2020年6月に発売されることが発表された『FireHD8』の2020年新型モデルについてお話してみたいと思います。

 

新型と旧型との違い、そして新たにラインナップに追加された『FireHD8 plus』のおすすめポイントも書いていきたいと思います。

 

2020年新型『FireHD8』が発売!

 

Amazonは2020年6月3日に『FireHD8』の新型モデルを発売することを発表しました。

更に『FireHD8 Plus』という上位モデルが新たに発売されることもわかりました。

 

Amazon『FireHD8』とた『FireHD8 plus』は8インチタブレットで、『Android OS』ではなくAmazon独自のOSである『Fire OS』が搭載されているのが特徴です。

 

『FireHD8』は8インチという適度な大きさで1万円以下で買えるタブレットです。

『Fire OS』というAmazon独自のOSが搭載されているので、使えるアプリが少なかったり限られてしまうデメリットはありますが、利用用途によっては非常にコスパの良いタブレットですね。

 

今回は『FireHD8 plus』という上位モデルが初めて追加されることになりましたのでそちらも大注目です。

2020年新型『FireHD8』と旧型との違いは?

 

2020年新型『FireHD8』と旧型となる前モデルとの違いは以下のような点です。

処理性能がパワーアップ。

新型『FireHD8』のCPUは2.0GHzクアッドコアプロセッサと2GBのRAMです。

旧型は1.3GHzクアッドコアプロセッサと1.5GBのRAMでしたので、かなりの進化と言えそうです。

このことでAmazonの発表によると、処理速度は約30%高速化し、マルチタスク性能の向上もしているということです。

 

ディスプレイが明るくなりました。

ディスプレイは8インチで1280×800のIPS液晶を搭載しており、精細度は189ppiです。

これは従来モデルに比べて輝度が10%程明るくなったようですね。

ディスプレイの輝度が高いと明るい場所でも画面が見やすくなるのでここも嬉しいパワーアップポイントです。

 

ストレージが倍に。

これまでは16GBモデルと32GBモデルの2つがありましたが、今回の新型では32GBモデルと64GBという構成になっています。

microSDカードにより最大1TBまで拡張可能となったのも動画をたくさん入れておきたい人にとっては嬉しいポイントかもしれませんね。ちなみに旧型は400GBまでのmicroSDカードが使用可能でした。microSDカードの対応容量も倍以上となっているので、かなりの進化と言えそうです。

 

バッテリーの持ちが12時間に伸びた。

前モデルはバッテリーの持ちが10時間とされていましたが、新型モデルは12時間に伸びました。

バッテリー性能は使い勝手に直結する部分なので、このバッテリー性能の向上は嬉しいですね。

 

充電端子が『USBtypeC』に変更。

充電端子が『USBtypeC』に変更されました。

大きな変更点とまでは言えないものの多くのスマートフォンの端子が『USBtypeC』に変わっていることを考えると充電ケーブルが統一できるのは地味に助かるポイントかもしれませんね。

 

カラーバリエーションが追加。

これまではブラックしかなかったカラーバリエーションの追加がありました。

新たにホワイトとブルーが追加されて、元々あったブラックと3種類構成になりました。

プラスチック感が強くてあまり高級には見えにくい端末ですが、ポップな色が選べるのはなかなか良いかもしれませんね。

 

Wi-FiとBluetoothの規格がパワーアップ。

Wi-Fiが旧型がデュアルバンド802.1 1a、802.1 1b、802.1 1g、802.1 11nに対応しているのに対して、新型はデュアルバンド a/b/g/n/acに対応になりました。

BluetoothはBluetooth4.1からBluetooth5.0に進化しています。

この辺はしっかり正常に進化しているので当たり前ですが好感が持てますね。

重量とサイズはわずかに変更。

重さは363gから355gとわずかにですが軽くなっています

サイズは旧型が214x128x9.7mmで、新型は202x137x9.7mmとなっています。

このサイズ変更によってカメラの位置が変更されています。

 

ゲームモードが追加。

新しくゲームモードが搭載されました。通知などを外し、タブレットでプレイに集中することができる、ゲーム体験を最適化した新機能となっています。

劇的にゲームに特化しているわけではないですが、ゲームをしっかり楽しみたい方には嬉しいポイントかもしれませんね。

 

どれも地味にかもしれませんがしっかりと少しずつ進化しているなと感じますね。

基本性能となる部分はもちろんですが、充電端子やBluetoothやWi-Fiといった細かなところも進化させているのは素晴らしいです。

上位モデル『FireHD8 plus』との違いは?

馬山の個人的な注目は新型『FireHD8』よりも上位モデルとなる『FireHD8 plus』です。

 

『FireHD8』と『FireHD8 plus』の違いは以下の通りです。

  • RAMが3GB。
  • ワイヤレス充電に対応。
  • カラーバリエーションはスレートのみ。

性能が更にもう1段階パワーアップしていますね。タブレットをしっかり使い込みたいという方には性能が上がるのは嬉しいですね。

さらにワイヤレス充電にも対応になりました。専用の充電スタンドを購入することでワイヤレス充電をしながらShowモードとして使用することもできます。

 

基本的な使い方であれば、『FireHD8』で十分だと思いますがサクサク端末を動かしたい方やワイヤレス充電をすでに導入している方には『FireHD8 plus』はかなりおすすめですね。

 

『FireHD8』や『FireHD8 plus』のお値段は?

 

2020年新型『FireHD8』と『FireHD8 plus』の価格は以下のようになります。

  • 『FireHD8』のモデルが9980円。
  • 『FireHD8』のモデルが11980円。
  • 『FireHD8 plus』の32GBモデルが11980円。
  • 『FireHD8 plus』の64GBモデルが13980円。

ストレージが倍になると2000円アップ。そして無印とplusのお値段の違いも2000円となりました。

馬山的にはやはり性能が上がる『FireHD8 plus』の32GBモデルあたりがバランスが良さそうですね。

 

2020年新型『FireHD8』と『FireHD8 plus』はオススメ!

 

今日はAmazonから2020年6月に発売されることが発表された『FireHD8』の2020年新型モデルについてお話してみました。

 

新型モデルはCPU性能が上がっていて、基本性能が上がっていそうなので買いだと思います。

他にも細かなところも含めると正常に進化してるなと感じました。

 

皆さんも2019年新型『FireHD8』と『FireHD8 plus』に注目してみてください。

 

この記事は2020年5月17日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました