猫に線香は有毒?高齢や体調が悪い猫ちゃんには害があるかも!

雑学・トリビア

猫に線香は有毒?害があるかも!

 

先日馬山の飼っている飼い猫の調子が急に悪くなってしまいました。

獣医さんにもしかするとその原因は『線香』にあるかもしれないと指摘されました。

 

今日は猫に線香は有毒なのか?害があるかもしれないというお話をしてみたいと思います。

 

飼い猫が急にご飯を食べなくなった!

馬山の家では猫を1匹飼っています。2020年で14歳になるので高齢の猫ちゃんと言ってもいいと思います。

名前はマロンちゃんです。栗みたいな色をしていたので名付けました。

 

そのマロンちゃんはずっと元気だったんですが、ある日を境に急にご飯もお水も飲まなくなってしまったんです。

そのある日から丸3~4日くらいほとんど飲まず食わずの状態でさすがに心配になったので、獣医さんに見てもらったというのが今回の話の流れになります。

 

体調不良の原因は線香?

獣医さんに見てもらって血液検査をしてもらったところ、肝臓が少し弱っているものの特に大きな異常はないと診断されました。

ただ14歳と猫ちゃんでは高齢なのでちょっとしたことでも体調不良になりやすいとのことでした。

 

獣医さんに何か心当たりはないですか?と聞かれたので、気になっていたことを聞いてみました。

 

実はマロンちゃんの体調の悪くなったある日というのは、馬山のおばあちゃんが亡くなった日だったんですね。

おばあちゃんは一時期マロンちゃんと一緒に家に住んでいましたが、ここ数年は介護施設で暮らしていたのでそれほど接点はありませんでした。

最初はおばあちゃんが亡くなったからマロンちゃんも気を落としているのかな?と冗談半分な話をしていたのですが、実際に馬山が気になったのはお線香の匂いです。

 

亡くなったおばあちゃんはお葬式まで自宅で安置していたんですが、お寺の事情等もあって4~5日ほど亡くなった日からお葬式の日まで日時が開いてしまったんです。

そういった背景もあって、24時間ずっと線香が付きっぱなしという状況が続いていました。

 

しかもこの時使用していた線香が葬儀会社が持ってきてくれたものだったんですが、かなり香りの強い線香だったんですよね。なので家中が線香の匂いに包まれている様な状態でした。

馬山個人的には線香の匂いは落ち着くし好きなんですが、外から帰ってきた時なんかはその匂いがかなり強いなと感じていました。

 

獣医さんにその経緯をお話したところ、もしかすると急に体調不良になった1つの原因としては考えられるかもしれないとの返答でした。

もともと高齢の猫ちゃんですし、人間より匂いに敏感な動物なので線香が体調不良の原因になりうるということですね。

同じように体質的に弱かったり、病気持ちだったりする猫ちゃんももしかしたら線香の匂いが引き金になって体調不良に陥るという可能性もあるので注意が必要かもしれません。

猫に線香やアロマは注意!

 

次に本当に猫に線香が害なのかということについて色々と調べてみました。

 

色々とネットを調べてみたところ、『除虫菊』などの一部の成分を含む線香は猫に害になる可能性があったり、嫌がる猫ちゃんが多いとのことでした。

ただこれも科学的に証明されているわけではなく、中には線香の匂いが好きでわざわざ線香がついている部屋に行くという猫ちゃんもいる様なので個体差がある様です。

あくまでも線香の種類によっては嫌がる猫ちゃんや害になってしまうこともあるので、猫ちゃんの反応次第では控えたりする必要があると認識しておくのが良さそうですね。

 

そして線香とは違いますが、アロマも関しても猫ちゃんには良くない場合があるという情報もあるみたいです。

アロマオイル等に用いられるエッセンシャルオイル(精油)は猫ちゃんにとって有害になるとされています。

猫は肉食動物なので、肉食に合った肝機能に進化しています。その過程で肉食に関係のない有害な物質を無害な物質に変化させる重要な解毒機能が退化してしまっているということがあるようです。

 

馬山の飼っている猫のマロンちゃんも肝機能が弱っているという血液検査の結果が出ていたので、もしかすると線香やアロマなどに含まれる一部の成分は肝機能が弱っている猫ちゃんにとっては有害になる可能性が高いのかもしれないです。

 

線香・アロマともにいずれも根拠があるとは言えないかもしれませんし、個体差はあると思いますが、体調や体質・年齢によっては害になる可能性があるのは頭に入れておいた方が良さそうですね。

猫を飼っている場合には線香に注意!

 

今日は猫に線香は有毒なのか?害があるかもしれないというお話をしてみました。

 

猫に線香は有害かどうかということはわかりませんが、体調や体質だったり、その猫ちゃんの状態によっては害になる場合もあるというのは事実だと言えそうです。

 

馬山の家のマロンちゃん以外にもネットで調べると同じような状態になったという書き込みもいくつか発見できました。

もし似たような状態に陥った場合には、原因の1つとして線香というのも頭に入れておいても損はないと思いますね。

皆さんも注意してみてください!

 

この記事は2020年2月8日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました