通信速度128Kbpsでできること!ライン通話やYouTubeは?

雑学・トリビア
スポンサーリンク

通信速度128Kbpsでできること!

 

データ容量を使い切って通信制限が掛かったり、POVOで無料で使用できる通信速度となるのが128Kbpsという速度です。

 

今日はこの128Kbpsという速度で何ができるのかを書いていきたいと思います。

 

128Kbpsとは?

128KbpsのKbpsは『キロビーピーエス』と読み、『ビットパーセコンド』の略です。

Kbpsは回線速度の単位となっていて、1bpsでは1秒間に1ビットのデータを伝送できるということになります。

1秒間に送ることのできるデータ量が多いほど、回線速度が速いということになり、逆に少ないほど回線速度が遅いということになります。

 

1000bps=1Kbps。

1000Kbps=1Mbps。

1000Mbps=1Gbps。

K(キロ)→M(メガ)→G(ギガ)という感じに1000倍ずつ増えていきます。

 

つまり128Kbpsは1秒間に128キロビットのデータを送受信できる速さになります。

 

主に以下のようなときに最大128Kbpsといった通信制限が掛かります。

  • データ容量を使い切って通信制限になった場合。(プランによって通信制限の速度は違います。)
  • 電波が悪く、速度が出ない場合。
  • 料金課金していない状態で通信制限が掛かっている場合。(povo2.0等)

 

通信制限ということからもわかるとは思いますが、この128Kbpsは基本的には回線速度がかなり遅い部類に入りますね。

 

スポンサーリンク

128Kbpsでできること!

 

ではこの回線速度がかなり遅い128Kbpsで、何が出来て何ができないのかを考えてみたいと思います。

【DL版】【新規ご契約者のみ】/povo2.0 エントリーコード/3GB(30日間)/ iPhone 14シリーズ動作確認済み / eSIM対応 / SIMカード対応/au回線対応 【iPhone/Android対応】※追加トッピングとして利用不可
対象のデータ容量をご利用いただけるエントリーコードです。 povo2.0お申し込み時、エントリーコードを入力することで、データ容量がご利用いただけます。 povo2.0について ●基本料0円*から、自分に合ったトッピングを選んでご利用いただくスマホプランです。 *通話料等別途要。180日超の継続利用に一定の条件有。0円...

 

ラインやメール!

ラインやメール等のメッセージ機能・テキストデータの送信は容量がとても少ないので、回線速度がかなり遅い128Kbpsでも問題なくやり取りができます。

128Kbpsの説明をする時にも『テキストデータのやりとりができる速度』と説明されていることが多いのでラインやメール等のメッセージ機能・テキストデータの送信はバッチリできます。

 

日本語で1000文字書いたメールのデータ容量は3~4キロバイトくらいになると思われます。これくらいの文字数だと128kbpsの通信速度でも0.1秒以下で送ることができます。

 

ただ画像や動画などを添付してしまうとデータ容量がめちゃくちゃ増えてしまうので送信することが難しくなります。

ちなみに例外としてラインのスタンプなんかは、128kbpsの通信速度でも問題なく送信できます。

 

ネット回線での通話やビデオ通話!

ラインやスカイプなどのネット回線での通話は、128kbpsの通信速度でもある程度利用することが出来ます。

音声データのやり取りはデータ量はそれほど多くないため、通話であれば利用することが出来ますね。

ただし通信状態が悪く、128kbpsより大幅に速度がさらに低下してしまう場合などにはうまく利用できない可能性もあるので注意が必要です。

 

ビデオ通話は普通の通話よりデータ量が増えてしまうので、128Kbpsという通信速度では不可能であると考えて良いですね。

おそらく映像も音声も途切れるたり、大幅に遅延してしまい、まともに利用することはできないと思います。

 

ちなみに音声データのやりとりというところで言うと、ラジオが聴けるアプリ『radiko』なんかも利用することが出来ます。

立ち上がりに少し時間が掛かるとは思いますが、音声が流れ始めてしまえば、比較的しっかりラジオを楽しむことはできると思います。

 

音楽ストリーミングサービス!

これに関しては使用する音楽ストリーミングサービスによっても違いますし、聞く曲にも左右される可能性があります。

設定を低音質の設定すれば、どこの音楽ストリーミングサービスでも意外と普通に利用することが出来ます。

ただ聞く曲なんかにもよるので絶対ではないですし、聞けたらラッキーと思うくらいがちょうど良いかもしれませんね。

 

ただし設定が中音質や高音質になってくるとさすがに厳しくなるようですね。

 

YouTubeなどの動画配信サービス!

Youtubeをはじめとした動画配信サービスは、128kbpsの通信速度では全く使うことが出来ません。

これは低画質にしても変わらないので、動画の閲覧はあきらめるようにましょう。

 

オンラインゲーム!

ゲームに関しては、ゲームの種類だったり、ネットを利用するのかどうかによっても変わってきますが、基本的にオンラインゲームは利用できません。

 

ネット接続しないでプレイできるゲームはなどはできますが、オンラインでゲームをしていると快適にはプレイできないと思います。

 

SNSやweb閲覧!

SNSやweb閲覧も128kbpsの通信速度ではほぼ使うことが出来ません。

 

文字が多いサイトやニュースサイトなら利用できる可能性がありますが、画像が多いと読み込みにかなり時間が掛かってしまいます。

なので画像が多いSNSや通販サイトなんかはおそらく利用できないと思っておいた方が良いですね。

 

スポンサーリンク

128Kbpsでできることのまとめ!

 

今日は128Kbpsという通信速度で何ができるのかを書いてみました。

【DL版】【新規ご契約者のみ】/povo2.0 エントリーコード/3GB(30日間)/ iPhone 14シリーズ動作確認済み / eSIM対応 / SIMカード対応/au回線対応 【iPhone/Android対応】※追加トッピングとして利用不可
対象のデータ容量をご利用いただけるエントリーコードです。 povo2.0お申し込み時、エントリーコードを入力することで、データ容量がご利用いただけます。 povo2.0について ●基本料0円*から、自分に合ったトッピングを選んでご利用いただくスマホプランです。 *通話料等別途要。180日超の継続利用に一定の条件有。0円...

 

最後に128kbpsの通信速度でできることとできないことを簡単にまとめてみたいと思います。

 

128kbpsの通信速度で出来ることは以下になります。

  • ラインやメールなどテキストメッセージのやりとり。
  • ラインやスカイプなどのネット回線での音声通話。
  • 音楽ストリーミングサービス。(低音質)

 

128kbpsの通信速度で出来ないことは以下になります。

  • ラインやスカイプなどのネット回線でのビデオ通話。
  • Youtubeをはじめとした動画配信サービス。
  • オンラインゲーム。
  • SNSやweb閲覧。

 

もちろん状況や使うアプリなどによって例外もあるかもしれませんが、128kbpsの通信速度で出来ることと出来ないことはこんな感じだと思います。

 

皆さんももし通信制限などがかかってしまった時には、128kbpsという通信速度で出来ることと出来ないことはしっかり判断して、新たに容量を追加購入したりどのプランにするかなどを決まてくださいね。

 

128kbpsという通信速度で出来る範囲でしか使わないのであれば、こちらの方法でほぼ0円運用が可能なのでお子様にスマホを持たせたいなんて人はぜひ見てください。

 

この記事は2022年1月27日に書かれた記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました