おすすめの独立型サブウーファー付きサウンドバー!低音の迫力が凄い!

おすすめ・注目

おすすめの独立型サブウーファー付きサウンドバー!

 

今日は映画やゲームを音からしっかり楽しみたい方に独立型サブウーファー付きサウンドバーを紹介していきたいと思います。

独立型サブウーファー付きのモデルは低音の迫力が段違いなのでそのあたりについても書いてみたいと思います。

 

サウンドバーって何?

 

サウンドバー・シアターバーとは、テレビの前に置く棒状(バータイプ)のスピーカーをいいます。

 

最近のテレビはどんどん薄型化していて、スタイリッシュで省スペース化されている反面、音質が犠牲になっていて、イマイチ迫力がないということが多々あります。

サウンドバー・シアターバーは、そんな薄型テレビの音質を補うためにあるので、単純にテレビの出力を強化するだけではなく、厚みと立体感のある音を出してくれます。

バータイプでテレビの前に置くタイプになるので、場所を気にせずに置くことができます。

 

サウンドバー・シアターバーには大きく分けて2つのタイプが存在します。

1つはサウンドバー・シアターバー本体のみで音を出す単体のモデル。

 

もう1つは本体の他に独立型のサブウーファー部を別に設置する『2ユニット型』。こちらのモデルはサブウーファーが別になっているだけあって、低音がかなり強化されていることが多いですね。

今回はこちらの独立型サブウーファー付きの『2ユニット型』について紹介していきたいと思います。

 

サブウーファーがあると何が良いの?

そもそもサブウーファーについてよくわからないことが多いと思うので、サブウーファーについて調べてみました。

 

サブウーファーは低音だけを再生するスピーカーのことを言います。

よく2.1chとか5.1chといった説明が書かれたサウンドバーを見かけますが、『〇.〇ch』の前の数字がメインスピーカーの数、後ろの数字はサブウーファーの数を表しています。

つまり2.1chも5.1chもサブウーファーが1つあることを示しています。

 

通常のサウンドバータイプのスピーカーでもメインのスピーカーとサブウーファーが搭載されているモデルは多くありますが、サブウーファー部が独立して別にあることでより低音が強化されるので迫力や臨場感を味わいたい方は独立型サブウーファーがあるモデルを選ぶと良いかもしれません。

 

低音がしっかりしていると、音楽を聴いた時にはしっかりとしたリズムを感じることが出来たり、普段気にしない音楽を支えているビートを感じることが出来ます。なのでリズム感がある曲やノリが良い曲なんかは段違いに楽しく聞くことができます。

また映画ではアクションシーンの爆発音や効果音の迫力が凄まじいので、圧倒的な迫力を感じることができます。またシリアスなシーンでも音声がしっかりとリアルに伝わってくるので臨場感は抜群に上がります。

ゲームも同様で、リアルなゲーム程没入感が高まって、映像だけではなく音質でもそのゲームの世界観を満喫することができます。

 

低音が強化されると思っている以上に伝わってくる音の迫力が変わりますので、映画やゲームが好きな方は1度是非体感してほしいと感じますね。

低音が凄いと耳というより全身に響いてくる感じなので、この凄さは体感しないとなかなか伝わらないかもしれませんね。

 

おすすめの独立型サブウーファー付きサウンドバーは?

 

それではここからはおすすめの独立型サブウーファー付きサウンドバーを実際に紹介していきたいと思います。

 

SONY『HT-ST5000』!

最初に紹介したいのが、SONY『HT-ST5000』です。

Amazon.co.jp: ソニー サウンドバー 7.1.2ch Dolby Atmos DTS:X ハイレゾ 4KHDR HDMI付属 Bluetooth 対応 HT-ST5000 : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ソニー サウンドバー 7.1.2ch Dolby Atmos DTS:X ハイレゾ 4KHDR HDMI付属 Bluetooth 対応 HT-ST5000を 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

 

『HT-ST5000』は7.1.2ch構成の全9ユニットというサウンドバーの中でも最高レベルの性能を持っているモデルになります。

 

『ドルビーアトモス』や『DTS:X』に対応しているので、サラウンド感を味わいたい方にはピッタリですね。

バースピーカーの左右に『イネーブルドスピーカー』を搭載していて、天井に音を反射させることでまるで上からも音が降ってくるような感覚を味わうことができます。天井にスピーカーを設置しなくてもシンプルな設置で3次元の立体音響が可能なモデルですね。

もちろん独立型サブウーファーも付いていますので、低音の迫力も十分です。

 

最大出力はメインのサウンドバーが600W、サブウーファーが200Wの合計800Wという凄まじい出力となっています。

 

デメリットとしては発売が2017年11月と少し古い点ですね。

既にサウンドバーのみで7.1.2ch構成の『HT-A7000』が2021年に発売しています。こちらの最大出力は500Wなので、純粋に進化した後継機とは言い難いですがシンプルのバースピーカーのみの構成が良い方は『HT-A7000』を選ぶと良いかもしれません。

Amazon.co.jp: ソニー サウンドバー HT-A7000 7.1.2ch Dolby Atmos DTS:X ハイレゾ 8KHDR HDMI付属 Bluetooth 対応 : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ソニー サウンドバー HT-A7000 7.1.2ch Dolby Atmos DTS:X ハイレゾ 8KHDR HDMI付属 Bluetooth 対応を 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

 

もう1つのデメリットはお値段が高いことです。

安くても10万。高いと12万程度するのでやはり高額だと思います。

音に最高にこだわりがあるのであれば良いですが、あったらいいな程度だとちょっと手が出ない金額かもしれませんね。

 

SONY『HT-G700』!

続いて紹介するのは同じくSONY『HT-G700』です。

Amazon.co.jp: ソニー サウンドバー HT-G700 3.1ch 4K HDR HDMI付属 Dolby Atmos DTS:X Bluetooth 対応 : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ソニー サウンドバー HT-G700 3.1ch 4K HDR HDMI付属 Dolby Atmos DTS:X Bluetooth 対応を 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

 

上で紹介した『HT-ST5000』や『HT-A7000』が10万以上する高級モデルなので、なかなか手が出ないという方もいると思います。

そんな人におすすめなのが『HT-G700』です。

お値段は約5~6万円なので決してお安くはないですが、『HT-ST5000』や『HT-A7000』と比べるとお値段は半額近いのでまだ手が出しやすいのかなと思います。

 

性能としても3.1chで最大出力300W、ウーハーの最大出力100Wということなので、合計が400Wになります。

なので基本性能は申し分ないんじゃないかなと感じますね。

 

もちろん独立型サブウーファーも付いていますので、低音の迫力もしっかりと感じることができます。

音にこだわりもあるし、迫力のある低音を楽しみたい方には良い選択肢だと思います。

 

ヤマハ『YAS-209』!

そして次に紹介したいのがヤマハ『YAS-209』です。

Amazon.co.jp: ヤマハ サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-209(B) : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ヤマハ サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-209(B)を 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

 

サウンドバーと言えばヤマハのYASシリーズと言っていいほど人気定番のモデルですね。

『YAS-209』は2019年8月に発売されたモデルですが、2021年10月時点でも根強い人気があります。

独立型サブウーファーが付属していて、お値段は約33000円とかなり手ごろな値段となっています。

 

基本性能も5.1chで最大出力100W、ウーハーの最大出力100Wということなので、合計が200Wになります。

バーチャル3Dサラウンド技術『DTS Virtual:X』に対応しているので、しっかりとサラウンド感も味わうことができます。

 

さらに音声コントロール用のマイクを内蔵し『Amazon Alexa』にも対応、機能面でもかなり面白いと感じますね。

 

お値段も独立型サブウーファーが付属しているのにも関わらず手頃なので、しっかりとした効果を感じたいけどお金はあまりかけたくないという人には最適なモデルだと思います。

 

ヤマハのサウンドバーは人気が高く、やや小ぶりでコンパクトな『SR-C20A』やエントリーモデルながら5.1chの『SR-B20A』、2019年発売ながら大人気の『YAS-109』などがラインナップされているので、予算をあまりかけられない方はこれらもおすすめです。

Amazon.co.jp: ヤマハ コンパクトサウンドバー SR-C20A 横幅60cm PC ゲーム スピーカー Bluetooth対応 テレビ/パソコン/スマホ ブラック : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ヤマハ コンパクトサウンドバー SR-C20A 横幅60cm PC ゲーム スピーカー Bluetooth対応 テレビ/パソコン/スマホ ブラックを 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
Amazon.co.jp: ヤマハ サウンドバーYAMAHA SR-B20A-B : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ヤマハ サウンドバーYAMAHA SR-B20A-Bを 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
Amazon.co.jp: ヤマハ サウンドバー YAS-109 Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 ブラック : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、ヤマハ サウンドバー YAS-109 Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 ブラックを 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

 

JBL『CINEMA SB190』!

最後に紹介するのはJBL『CINEMA SB190』です。

 

こちらは2021年10月に発売したモデルになります。

アメリカの大手音響メーカー『JBL』が手掛けていて、お値段も30000円とかなり手が安い価格帯となっています。

発売直後の値段が30000円程なので、もう少し価格は落ち着くかもしれませんね。

 

2.1chで最大出力は180W、ウーハーの最大出力200Wということなので、十分な基本性能だと思います。

2.1chではありますが、出力は同価格帯の『YAS-209』にも負けませんね。

 

JBL『CINEMA SB190』に関しては別に記事を書いているので、是非そちらを見ていただけると嬉しいです。

 

おすすめの独立型サブウーファー付きサウンドバー!

 

今日は映画やゲームを音からしっかり楽しみたい方に独立型サブウーファー付きサウンドバーを紹介してみました。

 

最近はテレビの前に置くだけで良いサウンドバーが人気ですが、独立型サブウーファーが付属することでより迫力があり、臨場感溢れる映像コンテンツを楽しむことができます。

 

サブウーファーを置くスペースが必要になったり、予算的にどうしても高くなってしまったりとデメリットもありますが、音にこだわりたいのであれば独立型サブウーファーが付属するサウンドバーというのはかなり有力な選択肢だと思います。

 

ちなみに置き場所がないのでサブウーファーはいらないという方や予算があまり出せないけどサウンドバーを使ってみたいという方はこちらの記事も是非読んでみてください。

 

皆さんも音にこだわりのある方、映像コンテンツを思う存分楽しみたい方は是非独立型サブウーファー付きのサウンドバーを検討してみてくださいね。

 

この記事は2021年10月16日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました