SoundcoreLibertyAir2Proのノイキャン性能は?アンカーのコスパ最強ワイヤレスイヤホン!

おすすめ・注目

アンカーのワイヤレスイヤホン『SoundcoreLibertyAir2Pro』!

 

『アンカー』から完全ワイヤレスイヤホン『Soundcore Liberty Air2 Pro』が発売されました。

 

めちゃくちゃコスパが良くて人気な様なので、今日はこの『Soundcore Liberty Air2 Pro』の性能や機能を紹介していきたいと思います。

 

コスパ最強ワイヤレスイヤホン『Soundcore Liberty Air2 Pro』!

アンカー初のノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能に対応した完全ワイヤレスイヤフォン『Soundcore Liberty Air2 Pro』を2021年1月20日に発売しました。

 

『Soundcore Liberty Air2 Pro』はアンカーの発売する完全ワイヤレスイヤホンでは最上位に位置していて、ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能が搭載された機能全部入りとも言える性能を持つモデルです。

 

発売日は2021年1月20日。

価格は約12980円(税込)。

 

Amazon.co.jp: Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ウルトラノイズキャンセリング / 外音取り込み / ワイヤレス充電対応 / IPX4防水規格 / 最大26時間音楽再生 / 専用アプリ対応 / HearID機能 / 通話ノイズリダクション / PSE技術基準適合】ブラック: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ウルトラノイズキャンセリング / 外音取り込み / ワイヤレス充電対応 / IPX4防水規格 / 最大26時間音...

 

値段が12980円でありながら、ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能が搭載されているということでコスパが最強と言われています。

とはいっても値段も値段なので、どこまで良い性能に仕上がっているのか詳しく紹介していきたいと思います。

アンカー『Soundcore Liberty Air2 Pro』の基本性能!

 

『アンカー』の『Soundcore Liberty Air2 Pro』の基本性能を以下に簡単にまとめてみました。

  • ドライバサイズは大型の11mm。
  • Bluetooth5.0。
  • アクティブノイズキャンセリング(ANC)あり。
  • 外音取り込みモード搭載。
  • バッテリー容量は55mAh(イヤホン)・500mAh(充電ケース)。
  • 音楽再生時間はANCモードONで最大約6時間 (イヤホンのみ) ・ANCモードOFFで最大約7時間 (イヤホンのみ) 。最大約26時間 (イヤホン+充電ケース)。
  • 充電時間はUSBケーブル使用時約1.5時間。
  • ワイヤレス充電時間対応。充電時間は約2.5時間 。
  • USBType-C対応。
  • 重さは5.0g(イヤホン片方)・51g(充電ケース)。
  • 対応コーデックはAAC、SBC。
  • カラーはブラックとホワイトの2色。
  • 防水はIPX4。
  • 専用アプリ対応。(イコライザーあり)
  • 価格は約1万2980円(税込)。

 

ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能が搭載されたモデルで、いわゆる全部入りの完全ワイヤレスイヤホンですね。

 

ドライバは11mmと大型です。完全ワイヤレスイヤホンで11mmドライバとなると『GalaxyBuds Live』や『SONY WF-XB700』、『Jabra Elite85t』などの12mmドライバに次ぐ大きさと言えますね。

最近は大型ドライバを搭載する完全ワイヤレスイヤホンも増えてはいますが、11mmドライバはかなり大型になると思います。

大型ドライバであれば良いというわけではないと思いますが、大型である方が音質が良くなる傾向があるのは間違いないと思うので、ドライバサイズから考えると『Soundcore Liberty Air2 Pro』はおすすめですね。

 

アクティブノイズキャンセリング(ANC)が搭載されています。

アンカーのイヤホンとしては初めてノイズキャンセリング機能が搭載されました。

Anker独自の『ウルトラノイズキャンセリング』を搭載していて、イヤホンの外側と内側に配置した2つのマイクで周囲の音を検知し雑音を除去することでノイズをかき消してくれます。

ノイズキャンセリング性能ですが、トップメーカー(BOSEやApple)のノイズキャンセリング性能に比べると抑えめになっている印象ですね。ただある程度ノイズはかき消してくれるので使い物にならないくらい弱いというわけではありません。

アプリで設定することで、環境に合わせてそのシーンに最適なノイズキャンセリングを起動させることもできます。

 

外音取り込みモードも搭載されています。

専用のアプリをダウンロードして設定することで、イヤホンを装着したままで会話することや周囲のアナウンスを聞くことも可能になりますね。

 

音楽再生時間はアクティブノイズキャンセリング(ANC)モードONで最大約6時間です。十分すぎるレベルの再生時間ですね。充電ケースを含めると26時間楽しめますので、普通に使う分には困ることはないと思います。

 

ワイヤレス充電に対応しているのは便利ですね。使い勝手が良くなります。

 

対応コーデックはAAC、SBC。

ここはちょっと残念ですね。aptXなど低遅延のコーデックに対応していると良かったと感じました。アンカーのこれまで発売した完全ワイヤレスイヤホンにはaptXに対応したものもあったので、この点は気になる方も多いかもしれませんね。

 

防水性能はIPX4。

雨に濡れてしまったり、運動をして汗で濡れてしまう程度であれば問題ないですね。

お風呂で使ったり、プールや海で使ったりしなければ大丈夫そうです。

 

専用アプリに対応。

専用アプリでノイズキャンセリング機能をシーン別に切り替えたり、イコライザー機能で自分の好きな音質に音を調整できます。

 

お値段は1万2980円(税込)。

いわゆる全部入りと呼ばれる完全ワイヤレスイヤホンが、12980円というのは破格ですね。

コスパという点ではめちゃくちゃ高いと思います。

Amazon.co.jp: Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ウルトラノイズキャンセリング / 外音取り込み / ワイヤレス充電対応 / IPX4防水規格 / 最大26時間音楽再生 / 専用アプリ対応 / HearID機能 / 通話ノイズリダクション / PSE技術基準適合】ブラック: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ウルトラノイズキャンセリング / 外音取り込み / ワイヤレス充電対応 / IPX4防水規格 / 最大26時間音...

 

アンカー『Soundcore Liberty Air2 Pro』の良いところ!

 

『Soundcore Liberty Air2 Pro』の良いところは圧倒的なコスパの良さです。

 

ノイズキャンセリング機能・外音取り込み・専用アプリ対応と全部入りの完全ワイヤレスイヤホンにも関わらず、1万円台前半で買えてしまうのは脅威的です。

全部入りの完全ワイヤレスイヤホンだと高いモノだと、3万円近くするモデルも少なくありません。

 

しかも12980円という値段の安さからは想像できない程のクオリティも持ち合わせているので、コスパという面では最強とも言っていいと思います。

 

もちろんSONYやApple、BOSEといった完全ワイヤレスイヤホンのトップメーカーのフラッグシップモデルに対しては見劣りする面もありますが、普通に使うのであれば十分な性能だと感じます。

 

『Soundcore Liberty Air2 Pro』の音質は分かりやすく言えば、『ドンシャリ』傾向で、低音が非常に強くてロック等迫力重視の音楽を聞く方にはぴったりですね。

 

そしてノイズキャンセリング性能もSONYやApple、BOSEあたりのフラッグシップモデルと比べるとやや落ちる気がしますが、ある程度のノイズはカットしてくれているので、ノイズキャンセリング性能があまり強いのは苦手という方やノイズキャンセリングをそこまで重要視していない方であれば、逆におすすめですね。

 

外音取り込み機能や通話機能に関してもしっかりと実用的なレベルで搭載してくれているのはさすがですね。

 

ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能が搭載されている全部入りの完全ワイヤレスイヤホンがほしいけど、なるべくコストは抑えたいという人に対して、『Soundcore Liberty Air2 Pro』はおすすめできるモデルなのは間違いないですね。

 

これだけ多機能で、どの機能も実用的なレベルの完全ワイヤレスイヤホンはほとんどないと思います。

アンカー『Soundcore Liberty Air2 Pro』の残念なところ!

 

『Soundcore Liberty Air2 Pro』の残念なところは操作感ですね。

 

完全ワイヤレスイヤホンの操作をしたいと思うと以下の6つの機能をイヤホンで操作したいと思う方が多いと思います。

  • 音量アップ。
  • 音量ダウン。
  • 曲送り。
  • 曲戻し。
  • ノイズキャンセリング・外音取り込み等の切り替え。
  • 再生・停止。

 

しかし『Soundcore Liberty Air2 Pro』では、4つまでしか操作方法が割り当てられません。

なのでこの中の2つの操作はスマホで操作するしかないということになります。

ここはちょっと不便だなと感じる人が多そうですね。

 

もう1つ挙げるとすると、突出した特徴がないところですね。

 

とても多機能でどの機能も実用的なレベルを実現しているのは素晴らしいですが、良くも悪くもどの機能も平均点といった印象があります。

 

音質も低音が効いていて迫力がありますが、解像感や音場の広さではやや物足りなさを感じます。

ノイズキャンセリング性能も、ノイズはカットしてくれますが、決して効き目が強いわけではないと感じました。

外音取り込み機能や通話機能に関してもそれなりに使えるレベルではありますが、クリアに聞こえるかというとまあまあというレベルになってしまう気がします。

 

音質にこだわりたいという方やノイズキャンセリング性能は強い方が良いという方など明確に気になる機能がある方には向かないかもしれませんね。

 

アンカー『Soundcore Liberty Air2 Pro』はこんな人におすすめ!

 

ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能といった全部入りの完全ワイヤレスイヤホンがほしいけど予算は抑えたいという方!

 

特にこだわりはないけど、ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能がほしいという方にはおすすめです。

特に予算を抑えたいという方であれば、無条件でおすすめしても良いかなと思えるくらいのモデルだと思います。

 

アンカー『Soundcore Liberty Air2 Pro』に注目!

 

今日はアンカーから発売された『Soundcore Liberty Air2 Pro』の性能や機能を紹介してみました。

 

ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能が入った完全ワイヤレスイヤホンが12980円というのはかなり驚きですね。

価格破壊とも言っても良いレベルでのコスパの良さだと感じます。

他にも1万円台前半で買えるノイキャン付きのおすすめイヤホンを紹介しているので是非見てください。

 

特にこだわりはないけど予算は抑えたいのであれば、この『Soundcore Liberty Air2 Pro』を選んでおけば大きな失敗はないかもしれませんね。

 

Amazon.co.jp: Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ウルトラノイズキャンセリング / 外音取り込み / ワイヤレス充電対応 / IPX4防水規格 / 最大26時間音楽再生 / 専用アプリ対応 / HearID機能 / 通話ノイズリダクション / PSE技術基準適合】ブラック: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ウルトラノイズキャンセリング / 外音取り込み / ワイヤレス充電対応 / IPX4防水規格 / 最大26時間音...

 

皆さんもアンカー『Soundcore Liberty Air2 Pro』に注目してみてください。

 

過去にはGalaxyやOPPO、Huaweiといったスマホメーカーのノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンの記事も書いていますので良かったら見てくださいね。

 

この記事は2021年2月2日時点の情報となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました